生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3. 10代のメイク&クレンジングの仕方

10代のメイク&クレンジングの仕方

2013年09月05日作成

 views

メイク編

10代のナチュラルメイクは、まだまだきれいな肌を活かしたすっぴんに近い超ナチュラルメイクがオススメです。素肌を活かして、化粧っぽさは出さずに、メイクをしていない風に見せかけるすっぴんメイクです。

超ナチュラルメイクの基礎

ファンデーションは使わずにフェイスパウダーで肌のツヤ感を出して、なるべく肌に化粧品の厚みを出さないようにします。肌の凹凸が気になるときには下地を使ってもいいかもしれません。

ニキビなどの赤みが気になるところだけはコンシーラーを塗って隠すのもいいかもしれません、個人の好みですね。チークはうっすらと、頬の一番高い部分にふんわりと塗りましょう。

アイブロウは、眉毛を整えることで自然さを残します。はみ出てしまう分はカットして整えましょう。抜いて形を変えてしまうと、後々眉毛の形を変えようを思った時に眉毛がない、なんてことになってしまうかもしれません。

薄いのが気になる場合には、ラインを引くのではなく眉を一本づつ描き足すような感覚で、アウトラインはぼかすようにするとナチュラルに仕上がります

アイメイクは、アイラインを粘膜にまで塗ってしまうと濃くなりすぎるかもしれません。濃い目のブラウンでまつげをつなげる感覚で、黒を使うならまつげの間を埋めるだけにして、できるだけ細く引くようにしましょう。下まぶたには引かないほうが自然です。

つけまつ毛やマスカラは使わず、ビューラーでカールさせることで目を大きく見せましょう。リップは色のあるリップクリームで、ツヤと血色をアップして健康的な唇にしましょう。

口紅はどうしても大人っぽく、派手さが目だつ為使わないほうが無難です。グロスも塗ってしまうと唇が際立つかも。

口角まできちんと線を引くことで、しっかりした唇になりますが、今はまだ少しぼかしたナチュラルな唇のほうが好感度は高いと思います。

超ナチュラルメイクのポイント

超ナチュラルメイクの時には、厚化粧に見えるのを避けるために、自然な肌感を活かすことと、少しだけ色を濃くするメイクがポイントです。肌のすくみも目立たない10代の肌なら、ファンデーションで覆わなくても大丈夫です。

チークや色付きのリップクリームでほんのちょっと血色を足して、若々しさや健康さをアピールしましょう!10代のうちは美肌をキープするスキンケアの方に気を配って、ナチュラルなメイクをしてみてください。

クレンジング編

洗顔のコツ

10代のうちは、肌が敏感だったり、オイリーだったりします。人の肌は弱酸性であるのに対して、固形石けん等はアルカリ性なのでお肌に負担をかけてしまいます。

洗顔フォームをキメ細かに泡立てて、お肌をこすらないように優しく洗うように心がけてください

皮脂が気になるようなら、クレンジングはオイルフリーのもので、ジェルタイプも良いと思います。ミルクタイプはどちらかと言うと乾燥肌向きです。

化粧水は毛穴ひきしめ効果のあるものを使用し、乳液でお肌にフタ、保湿をしましょう!

クレンジング剤・化粧水・乳液の選ぶポイント

クリームタイプクレンジング剤・イソフラボン配合など、植物からできているもの・無添加でパラベンなどが入っていないもの・ポイントリムーバー等、アイメイクだけならポイントリムーバーのみでクレンジングは十分かもしれません。

化粧水・乳液は、必ずテスター等で自分に合うかをチェックしてからの購入をオススメします。泡洗顔が基本なので、洗顔用の小道具を用意してみるのもアリかもしれません。

10代はまだ濃いメイクをする時ではありません。こういった薄いメイク、ナチュラルメイクをし、洗顔・クレンジングに気を使えば、若い肌が保たれます。なので、洗顔料やクレンジング剤選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

メイクよりもスキンケアに重点をおく時期ですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130905012025 52275dc974253 thumbnail

本記事は、2013年09月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る