\ フォローしてね /

結露対策のための除湿機の選び方

結露は、室内外の温度差が大きいときに、室内の水蒸気が凝縮して発生します。そのため、結露対策の1つとして、室内の水蒸気量を減らすために除湿機を用いることが考えられます。

ただし、除湿機の種類によっては、ほとんど結露対策にならない場合もあるのです。そこで、当記事では、結露対策のための除湿機の選び方について解説します。

除湿機の種類

除湿機と一口に言っても、大きく分けて3種類のものがあることをご存知ですか?

3種類とは、「コンプレッサー式」「デシカント(ゼオライト)式」「ハイブリッド式」です。

それぞれの特徴について以下にまとめます。

コンプレッサー式

最も旧式の除湿機です。旧式なので、本体価格が安い。また、消費電力があまりかからないので、フル稼働しても電気代への影響が少ないというメリットがあります。

一方、本体が重い動作音がややうるさいという欠点があります。

何よりも、コンプレッサー式の場合、冷媒を用いて除湿を行うものなので、室温が低いと除湿効果が見込めないというのが、最大の問題点です。

つまり、コンプレッサー式は、夏場の湿気対策用なのです。冬の結露対策としては、コンプレッサー式は避けたほうがいいでしょう。

デシカント(ゼオライト)式

デシカント式は、コンプレッサー式の真逆のタイプだと考えるといいです。

メリットとして、本体が軽い動作音が静か目という点があげられます。また、年間を通じて稼働力が落ちないので、冬の結露対策もバッチリです。

また、ヒーター式なので、使用中、室温が上がりやすいというのも、冬に用いる分にはメリットといえるでしょうか(逆に、夏にはデメリットとなりますが)。

一方、最大の問題点は、消費電力が高いという点です。フル稼働していたら、一人暮らしなのに1か月の電気代が1万円を超えてしまうなんてこともあります。

冬の間だけで、かつ、夜間の一定時間だけ結露対策に用いるというのであれば、デシカント式はお勧めできます。

ハイブリッド式

ハイブリッド式は、比較的新しいタイプの除湿機です。コンプレッサー式とデシカント式を複合して、両者のいいとこどりをしたようなタイプです。

メリットとして、消費電力が少ない・動作音が静か・年間を通じて稼働力が落ちない・使用中の室温への影響がないという点が挙げられます。

一方、複合型なので本体が重い・新型なので値段が他のタイプよりも高い(割引率の高いネットショップで数万円レベル)というデメリットがあります。

初期投資が多少かかっても、年間を通じてしっかり除湿したいという方には、最もお勧めできるタイプです。

おわりに

結露対策のための除湿機の選び方についてご理解いただけたでしょうか。

当記事が、あなたの結露対策の参考になれば幸いです。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。