\ フォローしてね /

べちゃっとさせないおいしい焼きそばの作り方

学園祭や地元のお祭りでも定番メニューの「焼きそば」。麺とキャベツやお肉、イカ下足などを炒めて、ソースと絡めて味付けするだけなので、作り方もいたって簡単。忙しい人でも短時間でパパッと作れてしまいますね。しかし、簡単とはいえ、時にはべちゃべちゃになってしまうことも…。どうすれば、いい塩梅の食感に仕上げることができるのか気になるところ。こちらでは、べちゃっとさせないおいしいヤキソバのつくり方を紹介しています。

大阪人のソウルフード、焼きそば。

東京の私の実家でも、土曜日のお昼ごはんに、焼きそばはよく出てきました。

しかし、実家で食べる焼きそばって何となくべちゃっとしてませんか?

本日は、この理由と解決策について、大阪のお好み焼き屋さんに聞いた、おいしい焼きそばのレシピを共有します!

べちゃ焼きそばからの脱却レシピ

まず、自宅料理を想定して、普通のフライパンで作るということを前提とさせていただきます。

フライパンをキンキンに熱する!

まず、フライパンをキンキンに、それこそ湯気が立つほどに熱します。そして、適当なところで、ごま油を適量ひきます。

焼きそばは一人分ずつ作ること!

「自宅焼きそばは一人ずつ作る。そうしないとべちゃっとなってしまう。なぜなら、フライパンが小さく、水分が飛びにくくなってしまうから」

これがプロから習った、重要な事項の一つです。

この時点で、昔実家で食べた焼きそばが、「そりゃべちゃっとなっていたわけだよ…」と合点がいきます…

麺から焼く

油が温まってきたら、さっそく麺から焼きます。上から押さえる、コテやしゃもじなどを用いて、焼いていきます。

ちょっと焦げ目がついて、パリパリになるくらいまで、そうですね、5分くらいだと思いますが、炒めるというより、焼くことを意識して、行ってください。

そして、適度なところで、いったんフライパンから皿に移します。

この時点では、ソースを混ぜないでください!

野菜・豚肉を炒める

麺の焼きが終了次第、素早く野菜(キャベツ・もやし等)を炒めます。軽く炒めたら、バラ肉を炒めて、適当なところで、ソースを混ぜます。

ソースはおたふくソースがいいそうです。

私:「なぜおたふくソースがいいか?」
プロ:「そりゃあ、おたふくソースが一番おいしいからだよ」

…とのことです。ですので、おたふくソースがいいのだと思います…。

麺と野菜・肉を混ぜる

野菜と肉を適度に炒めたら、皿に移した麺をフライパンに戻し、ソースをかけて、混ぜていき、完成です。

ここで炒めすぎると、野菜の水分が出てしまい、べちゃっとなってしまいます!

食べたくなってきました

このように書いていると、食べたくなってきたので、早速明日のお昼は久々に焼きそばに決定です。

また、こういう内容はクックパッドに載せた方がいいのではないか?というお声を頂戴致しかねませんが、私はナナピが好きですし、ナナピにはまだ掲載されていないようなので、このような形を採らせていただいた次第です。

ぜひ、大阪っぽいおいしい焼きそばを作ってみてください!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。