\ フォローしてね /

転職希望者必見!秋採用に向けた転職活動のタイミング

求人が増える秋に合わせて転職を考えている、あるいはもう始めているという人もいるのではないでしょうか。転職は新たな環境で、次なるキャリアを積むための代表的な方法です。

そこで今回は、秋採用に向けての転職活動のポイントやタイミングを紹介します。

本記事は、マイナビ転職のご協力により、2013年に執筆されたものです。

転職活動前の準備

事前準備は3つの判断軸で

転職のスケジュールを作るためにまずは次の項目をチェックしておきましょう。

  • 志望分野の求人状況や採用基準
  • 選考期間の長さや難易度
  • 現在の職場を円満退社できる時期と残務整理・引継ぎの期間

この3つの判断材料から総合的に判断することで、転職に必要な期間や事前に準備すべきことがわかります。

退職との調整を忘れない

転職時に切り離せないのが退職です。失業状態を防ぐためには、在職したまま求職活動を行うとよいでしょう。ただし、応募先に退職予定日を伝えるのは基本です。

転職活動スタートのタイミング

転職活動に早すぎはない

転職にかかる期間や労力は、業界や勤続年数などケースによる差が大きいです。在職中の職場事情などによって、応募先探しや退職準備に1年以上を費やす人もいます。

情報収集やスケジュールづくりが大切な転職活動に、早すぎる事はありません。

退職予定が立ったら即行動

「今年中に退職をする」など、大まかな退職予定が立っているのなら、転職の全体スケジュールを組んで、すぐにも動きはじめたほうが良いです。採用選考にも多くの時間がかかる傾向があり、結果が出るまでに1~2カ月かかる例も珍しくありません。

年間を通じて見ると、一般に3~4月(春採用)と9~10月(秋採用)に新規求人が増加します。それは年度切り替えに伴う退職者の後任を補充したり新規事業のスタートによる人員の確保をしたりする必要があるためです。

時期に合わせて早めの行動を心がけましょう。

転職活動の注意点

応募のタイミングを逃がさない

求人への応募はスピード勝負です。求人広告には応募期限が記されていないものもあり、「ある程度の応募者が集まれば締め切り」ということも。そのため応募が殺到すれば即日で締め切られることもあります。反応は早いに越したことはありません。

求人情報をこまめにチェックして、応募書類の準備しておいて「コレだ!」という求人を見つけたら、タイミングを逃さず応募するようにしましょう。

情報に振り回されない

マスコミなどで伝えられる転職市場の動向は、あくまで参考にする程度に留めておきましょう。中途採用に対するニーズは業界や職種によって違うものです。

「秋採用が活発だ」などのムードに流されて、不用意に転職に踏み切ったり、逆に転職をあきらめたりするのではなく、自分自身の考えと全体スケジュールをよく見極めることが大切です。

おわりに

情報収集、応募、選考と、転職活動を開始してから入社までは、約3カ月かかると言われています。秋の採用が活発化する時期に向けて、転職活動のポイントやタイミングをしっかり押さえておきましょう。満足のいく転職活動を行うために、早めに動いておくのが大切です。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。