生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 人手が大事!通夜の受付準備の方法

人手が大事!通夜の受付準備の方法

2013年08月28日作成

 views

通夜前の受付準備について、著者の体験を元にご紹介したいと思います。

通夜について

  • 故人:母
  • 喪主:父
  • 場所:斎場
  • 参列者:親類、友人など約50名
  • 通夜の受付担当者:著者の友人2名

通夜の受付準備のポイント

ポイント1:受付係の依頼

著者の場合、葬儀会社から「受付係はお通夜で2名、告別式で2名お願いして下さい」と言われました。著者の他の家族達は「お願いできるような人はいない」と言っていたので、4名を著者の友人達にお願いしなければならない状況でした。

そんな中、友人が「手伝える事があれば何でも言って欲しい」と連絡をくれ、受付係4名の手配を彼女にお願いしました。

喪主は父でしたが、親戚への連絡や葬儀会社との打ち合わせなどは著者がやっていて少々パニック状態だったので、この申し出は本当に有難かったです。

ポイント2:詳細を連絡する

受付係は葬儀会社から受付方法などの説明がある為、お通夜開始時間の1時間前に会場に集まるよう言われました。お通夜の日時や場所など、詳細を間違いないよう連絡します。

葬儀会社からもらう通夜・告別式の案内文をFAXなどで連絡すると間違いがなくて良いです。地図も載っているので場所も分かります。

ポイント3:お通夜当日

お通夜当日は、受付係の方は指定された時間に来て頂き、葬儀会社から受付の説明をしてもらいます。受付に必要な筆記用具などは葬儀会社で用意されていますので特にこちらで準備するものはありませんでした。

おわりに

著者もこれまで何度かお通夜や告別式で受付係の経験がありましたが、いざ自分が当事者になると本当に大変だとしみじみ思いました。

困っている時に、力になってくれた友人達は本当に有難かったです。こういった大変な時にはできるだけ協力したいと改めて思いました。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130825161959 5219b01fbb855

本記事は、2013年08月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る