生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2. NPV法って何?現在価値の計算方法

NPV法って何?現在価値の計算方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

ファイナンスは企業価値の向上を目的としています。では企業価値が向上するとはどのようなことなのでしょうか。

それは将来キャッシュ・フローの現在価値を増やすことです。つまり、今後会社に入ってくるお金を現在の価値に引き直した額を最大化することがファイナンスの目的です。

このレシピではその現在の価値に引き直す考え方の正味現在価値法をご紹介します。

正味現在価値法(NPV: Net Present Value)

割引現在価値

現在価値について考える前に一般的な利息について考えます。

1,000円のキャシュフローがあるとします。割引率が5%だとするとこの1,000円は1年後いくらになっているでしょうか。

答えは1,000円×1.05=1,050円です。これは一般的な利息の計算と同じです。

では、1年後の1,050円は現在いくらになるでしょうか。先ほどの計算と逆のことをすると求められます。1,050円÷1.05=1,000円となります。

この1,000円のことを割引現在価値といいます。

正味現在価値

正味現在価値は割引現在価値の寄せ集めです。「正味」というのはNPV: Net Present Valueの「Net」に該当する言葉で、「全部ひっくるめて」のような意味です。ひっくるめるのは将来キャッシュ・フローの現在価値です。

上の図は、現在300円の投資をして1年後に150円、2年後に100円、3年後に200円のキャッシュ・フローが得られる投資案を表しています。

  • 現在時点のキャッシュ・フロー:△400円
  • 1年後のキャッシュ・フロー150円の割引現在価値:143円
  • 2年後のキャッシュ・フロー100円の割引現在価値:91円
  • 3年後のキャッシュ・フロー200円の割引現在価値:172円

このキャッシュ・フローを全部ひっくるめると△400円+143円+91円+172円=6円になります。NPVが6円ということです。

NPVがプラスになれば投資すべき、マイナスになれば投資すべきでないと判断することになります。

おわりに

現在価値に引き直すという考え方はファイナンス特有の考え方なので馴染みにくいかもしれませんが、この考え方は企業価値を算定するときにもつかう重要な考え方なので覚えておいてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130820150934 5213081e15f5d
  • 20130826111358 521ab9e6afdbe
  • 20130828104010 521d54fa7ec29

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る