生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 葬儀・告別式前の葬儀社との打ち合わせ方法

葬儀・告別式前の葬儀社との打ち合わせ方法

2013年08月26日作成

 views

筆者は、ここ数年で近親者の喪主側になることが多く、打合せも色々な業者さんとしてきました。その経験を踏まえて、いざという時に慌てないためのポイントをまとめてみました。

目次

葬儀・告別式について

  • 故人:同居の父
  • 喪主:著者の母(名前のみ。実際の打ち合わせなどは全て筆者が行いました。)
  • 場所:本葬祭(告別式)は公営斎場を利用
  • 参列者:故人が「ごく身内だけで」と生前に話していたため、家族と親戚、数人の筆者や母の友人など20名に満たないほどの規模

用意するもの

葬儀社との契約がある場合

最近は、「積立」という形で、葬儀社と契約を結んでいる方も多いです。その場合、その契約書などを用意しましょう。筆者の家では積み立てはしていませんでしたが、今はされている方も多いようですので確認しておくといいと思います。

全ての方

筆記用具、スケジュール帳などは基本として、他に来ていただく親戚、友人、ご近所の方などの数をある程度把握してメモをしておきます。故人の告別式などに対する希望などがあった場合も、メモを取っておくと良いでしょう。

打ち合わせ場所・タイミング

葬儀社が病院に引き取りに来て、自宅に戻りました。簡単に祭壇を作っていただいた後、その場で行いました。

斎場で全てを行う場合、自宅ではなく斎場へ行って打合せをすることもあります。

打ち合わせの参加者

打ち合わせは、筆者と葬儀社の担当者で行いました。

葬儀社との具体的な打合せのやり方

STEP1:日程調整

まず初めに決めるのがこれです。通常、「暦」「葬儀社の混み具合」「喪主側の都合」などを合わせて決めます。

STEP2:規模の確認

告別式の規模は、大体下記の3つに分かれます。参列者の数、喪主側の希望などによって、決めます。

  • 大規模(会社で働いていて亡くなった方など、参列者が多い場合)
  • 普通規模
  • 家族葬・密葬(家族、親戚の身で行う小規模なもの)

STEP3:祭壇(宗派について)

各家で宗派が違いますので、きちんと自分の家(故人の家)が何宗なのか把握しておきましょう。おおまかには神道・仏教・キリスト教式に分かれますが、仏教は宗派により全く異なりますので、細かく調べておきます。

宗派がわかれば、祭壇の細かなことは葬儀社の方でそれぞれに沿った形を提案してくれます。

STEP4:花・お供えもの

これは祭壇が決まったら、付随して決めて行きます。最近は、花で祭壇を作る方も多いようです。

通常の祭壇に、花を飾る場合、送っていただいた方の名前の札を立てますので、最初の打ち合わせの後、親族、親戚、友人…と、送って下さる方のお名前を控えておいて、最終決定の際に葬儀社に伝えます。

大抵、一覧表みたいなものを用意してくれるので、それに間違えないよう数とお名前を記入します。

STEP5:返礼品

参列していただいた方に、お返しで渡すものです。葬儀社側でカタログなどを持ってきてくれますので、内容を決め、大体の数を決めます。

ここで決めた数は最終決定ではないので、最終的な支払額は「お渡しした分」の請求になることが多いです。

STEP6:お料理(精進落とし)

告別式の後、食事の席を設けます。そのあたりも、葬儀社で手配してくれますので、パンフレットで金額を決め、数を伝えます。

この数も、通常最終決定は通夜の時などになりますので、ぎりぎりまで変更が利くところが多いです。

STEP7:弔辞(ある場合)

弔辞を読んでいただく場合には、誰にするのか、また人数など、最初にある程度打合せします。読んでいただく方への依頼は喪主側でします。

家族葬の場合、弔辞はないことが多いです。

STEP8:わからないこと

葬儀について、その他付随することについて、わからないことは遠慮せずに聞いておきましょう。あとから「話が違う」ということにならないよう、書類にはきちんと目を通し、細かな疑問も解消しておきます。

終わりに

葬儀・告別式は、「身内の死」という大変悲しい、精神的に疲れている時に行わなければなりません。慌てていたり、相談する人がいない状況だと、あとから後悔することもあります。

できたら、親戚の葬儀の際や法事の際など、何かの折に家族で話しておくと、スムーズだと思います。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130819004452 5210ebf42762a thumbnail

本記事は、2013年08月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る