\ フォローしてね /

正しく使えてますか?くん煙剤「アースレッド」の使い方とチェックポイント

害虫駆除にくん煙剤が効果的なのは分かっていても、なかなか使用に踏み切れない人もいるようです。特に使用前の準備や使用後の後片付けなど、不安に感じている人も。

ここでは、くん煙剤「アースレッド(第2類医薬品)」の正しい使い方と使用時のチェックポイントをまとめてみました。

本記事は、アース製薬のご協力により、2014年に執筆されたものです。

「アースレッド」の正しい使い方(動画)

準備編

蒸散編

「アースレッド」使用前のチェックポイント

身体の影響について

妊娠中に使用しても大丈夫?

使用しても大丈夫です。薬剤を吸い込まないように、使用時、換気時は注意してください。使用後は部屋を十分換気しましょう。

赤ちゃん(乳幼児)がいる家でも使用してよい?

使用しても大丈夫ですが、使用後に換気と掃除機がけをしましょう。

煙を吸い込んでしまった時は?

使用後の入室時には、誤って煙を吸い込まないように、タオルやハンカチで口鼻を押さえて入室し、換気をしましょう。

吸い込んでしまっても、新鮮な空気を吸って呼吸を整えたら大丈夫です。

ペットや植物への影響について

ペットはどうする?

ペット(犬・猫・ハムスター・ウサギ・小鳥など)は、部屋の外に出して、十分に換気したのち室内に戻しましょう。観賞魚や水棲動物(カニ、エビなど)は、魚毒性が強いため、できるだけ遠い部屋か屋外に出してください。

設置型や大きな水槽の場合は、エアポンプを止めて水槽を完全密封し、使用してください。使用後は十分に換気した後で元に戻しましょう。

観葉植物はどうする?

煙がかかると落葉したり枯れたりします。観葉植物・植木鉢などは確実に室外に出しましょう。持ち出せない大型のものは、煙がかからないようにポリ袋などで包んでください。使用後、室内を十分換気してから元に戻してください。

食器・食品への影響について

食器類はどこに置けばいい?

くん煙剤の使用時、棚にしまっていた食器はそのまま使って大丈夫です。気になる場合は、水洗いをしてから使用してください。

棚の外に食器がある場合は、新聞紙やビニールをかけて、直接煙がかからないようにしてください。

調味料などは?

戸棚や袋、ケースや冷蔵庫等に入れておけば問題ありません。

冷蔵庫の中に置けば大丈夫?

冷蔵庫の中は問題ありません。食品などは一時的に冷蔵庫へ入れるという方法が簡単です。

衣類・布団への影響について

衣類はどうする?

クローゼットやタンスに入れておけば問題ありません。入りきらない洋服は、ポリ袋に入れてください。

布団は押し入れでOK?

布団は押入れに入れるか、ビニール等をかけて使用してください。薬剤が布団にかかった場合は、掃除機がけや天日干しをしていただければ大丈夫です。

布団の中に薬剤は浸透しないため、布団の中のダニへの効果は期待できません。

電化製品等への影響について

電化製品はそのままでよい?

テレビ・パソコン・ゲーム機・ビデオ・オーディオ機器などの精密機器は、ポリ袋や大きな布で覆ったり、ケースに入れたりしてください。

大型コンピュータのある部屋では使用しないでください。

冷蔵庫、電話機はそのままで問題ありません。エアコンや空気清浄機は電源を切ってください。

その他電気製品の対応を知りたい方はこちらでご確認ください。

電源ケーブルは差したまま?

電化製品の電源ケーブルは特に抜く必要はありません。

報知器・警報器への影響について

火災報知器は反応しない?

くん煙剤を使用すると火災報知器が反応します。そのため次のような準備が必要です。

商品に添付されている専用カバーを使用してください。

または、感知部分にポリ袋などをかぶせ、まわりをセロテープなどで押さえて使用してください。

報知器の真下では使用しないでください。
セロテープを壁や天井などに直接貼ると、塗装を剥がすおそれがあるのでご注意ください。

処理後は、部屋をよく換気してから必ずそのカバーを取り除き、元の状態に戻してください。

ガス漏れ警報器は作動しない?

くん煙剤の場合は、ガス漏れ警報器は作動しません。ただし、真下を避けて使用してください。

ノンスモークタイプ(霧タイプ)の場合は、ガス漏れ警報器が作動するので、電源を抜くか、カバーをしてください。

「アースレッド」使用時のチェックポイント

使用場所について

複数の部屋なら同時使用

ゴキブリは隣の部屋に隠れるということもあるため、部屋同士がつながっている場合は、他の部屋もまとめて使用しましょう。

狭い空間では使用しない!

押入れやクローゼットの中での使用は避けましょう。押入れを開放し、その部屋全体で使用してください。

新築はタイミングを計って使用

新築に入居する場合、基本的に害虫は発生していません。気になる場合は、ゴキブリ用毒餌剤やダニ用殺虫剤等を使用し、害虫の発生が増えてくる暖かくなった3~5月、害虫の最盛期である6~8月、ゴキブリが越冬のために屋内に入ってくる9~11月に使用すると効果的です。

使用時について

使用時は必ず外出!?

多少臭いを感じるかもしませんが、隣の部屋にいても大丈夫です。ただし、「アースレッドプロα」「アースレッドW」は強い刺激があるので、必ず外出しましょう。

煙が出ている時間は?

缶に水をつけると、約1~2分で煙が出はじめ、最初の約1分は少し勢いよく煙が上がり、その後、数分程度湯気のような煙が出ます。トータル約10分で煙の発生は終了します。

1部屋で複数商品の同時使用はOK?

複数商品を同時に使用しても危険な化学反応を起こすことはありませんが、一つの部屋で同時に違う種類の商品を使用するのは、個々の商品の特徴を生かすことができないため、1部屋1種類で使用してください。

各部屋で違う種類のアースレッドを同時に使うのは問題ありません。部屋により、その部屋の悩みや害虫の種類に応じたアースレッドを使用するのが効果的です。

例えば …
リビングで「アースレッドクリアダブル」、子供部屋で「ダニアースレッド」、寝室で「ダニアースレッド」、和室で「アースレッドW」など

効果的な時間帯はある?

くん煙剤の効果は、使用する時間帯による違いは特にありません。ただ換気をしなければならないため、日のあるうちに行なうのがよいでしょう。

使用時はどの程度閉め切ればよい?

最低2時間は閉めきってください。5~6時間程度閉めきる方がより効果的です。また、数日閉めきったままでも大丈夫です。

入れる水の量はどのくらい?

煙が出なかった原因で多いのが、水の量と、缶を逆さまに入れたことでの失敗です。水はケースに付いている点線まで入れてください。少なくても多くても煙が出ない原因になります。

効果について

いつするのが効果的?

一般家庭にいるクロゴキブリは、ほぼ1年かけて成虫になります。生態に合わせた定期的駆除がおすすめです。

害虫の発生が増えてくる暖かくなった3~5月、害虫の最盛期である6~8月、ゴキブリが越冬のために屋内に入ってくる9~11月に使用すると効果的です。

効果はどの程度持続する?

1回使用しただけでは、まだ卵が残っている場合があります。害虫の卵は丈夫にできており、薬剤はその内部にまで届きません。

ゴキブリの場合は2~3週間後、ダニやノミの場合は1~2週間後にもう一度使用するのがいいでしょう。また、他の殺虫剤を併用するのもおすすめです。

その後は害虫の発生状況をみながら、必要に応じて使用してください。

くん煙タイプとノンスモークタイプの違いは?

  くん煙剤 ノンスモークタイプ(霧タイプ)
使い方 少量の水に薬剤缶をセットするだけ 足で踏むだけの簡単始動
使用時 セットしてから煙が出はじめるまでに1分間の余裕があるため、全部屋で使用したいときにセットしやすい 斜めに(噴射角度70度)薬剤が噴射されるため、顔にかかる心配がない
薬剤 殺虫成分の粒子がより細かいので、隙間に入りやすく、害虫に到達しやすい 煙が出ないので、マンション等の集合住宅で使いやすい
閉め切る時間 2時間以上 1時間以上
商品の特長 種類が豊富で強さも選べる 残効性に優れ、しばらく隣家からのゴキブリの侵入を防ぐ
火災報知器 カバーが必要(真下で使用しないように) カバー不要(直接かからないように注意)
ガス漏れ警報機 カバー不要(真下で使用しないように) カバーが必要
使用後 - 透明なプラスチックケースや棚が変色する可能性がある

「アースレッド」使用後のチェックポイント

使用後の商品の状態について

ちゃんと使用できたか、どこを見て確認すればいい?

天面の赤いシールの透明部分がなくなり、そこから黒くなった薬剤が見えます。また、缶は使用前よりも重くなっています。以下のような状態であれば正しく使用できています。

  • 使用後のふたの状態

  • 使用後の薬剤缶の状態

使用後はどの程度、換気する?また、掃除は?

換気は臭いが気にならなくなる程度(通常1時間程度)で十分です。掃除は、ゴキブリやダニなど虫の死骸を除去するという意味で、畳・じゅうたん・床などは掃除機がけをすることをおすすめします。

ダニの死骸や糞もアレルギーの原因となります。

さいごに

アースレッドシリーズの正しい使い方と使用時のチェックポイントを紹介しました。上記ポイントと使用上の注意を読むと意外に簡単に使うことができます。

ひと手間かけて、お部屋丸ごと害虫駆除しましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。