\ フォローしてね /

退職にまつわる市役所での手続き

このライフレシピのもくじたたむ

退職の際に色々な書類を貰ってちょっとビックリしますね。それは全て保管して、まず市役所に行きましょう。これからの生活が不安にならない為の一歩です。

用意するもの

  • 印鑑
    シャチハタは不可です。逆に実印でなくても良く、認印で大丈夫。

  • 退職通知
    貴方が退職したこと証明します、という書面に社印を押したものをもらいます。

  • 年金手帳
    退職の際、必ず会社に返してもらってください

手続きの方法

STEP1 国民年金に加入する

将来貰えないかも…という方は、現在の自分のご両親や祖父母の為に払っているという考え方にして、無職期間があっても必ず払いましょう。

年金窓口にて、印鑑と年金手帳を渡せば(場所によっては退職通知も)すぐに手続きしてもらえます。なお、納入書は後日郵送されてきます。

STEP2 国民健康保険に加入する

以前の会社の健康保険を延長する方法もありますが、これはまた別の手続きになります。今回は新しく病院にかかることも考えて国保に入りましょう。

国民健康保険窓口にて、書類を記入し、印鑑を押し、退職通知を渡せば健康保険証が発行されます。

注意点は例えば12月末で退職をして、翌年3月に国保に入ろうとしても、1月分、2月分の国保料金を納めなくてはいけません。

ですので「今は病気かかってないから大丈夫」でも、結局は納める事になりますので、退職してからすぐ手続きに行く事をおすすめします。

おわりに

この後はそのまま必要書類を持ってハローワークに行きましょう。この市役所→ハローワークの手続きはなるべく早く済ませた方がいいです。

失業保険が貰える日にちも手続き日によって変わってきますので出来れば翌日に済ますのがいいでしょう。そして全て数時間もかからない手続きなので負担もかからない筈です。

オフィスを離れて、少し休んでみてはいかがですか。

次の仕事探し、また学校やリフレッシュ、何もかも気持ちをゼロクリアした方が楽になりますよ。新しい始まりが素敵なものでありますように。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。