生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 窓にできる結露を防止する方法

窓にできる結露を防止する方法

2010年11月30日作成

 views

最近は、窓に結露などができる機会がふえてきます。そのような時に必要なのが冬場の窓の結露対策です。

窓ガラス自体を結露対策がほどこされたものにかえるか、また、暖房に器具などで対応するのがいいのですが、それでは一般的に難しくなってしまいます。

そのようなことから、今回は窓の結露対策についての方法を、調べたいとおもいます。

目次

結露とは

結露は室温が下がり、その部屋の水分の量に変化がなければ余った水分は空気中に含むことが出来ず、水滴など目に見える形になって現れてきます。

結露には、目に見えている結露(表面結露)と建物の内部で起こる結露(内部結露)の二つがあります。

空気中に含むことが出来ず、水滴など目に見える形になって現れてきます。これが窓についたものが結露といわれているようです。次に対策方法を考えて行きたいと思います。

方法

一般的な普通の窓の場合、換気をして、家の中の空気を入れ替えていくことが結露対策として利用できる方法です。

また除湿機を使用する方法が結露対策として有効ではないでしょうか、除湿専門に、つくられていますので除湿をおこなうことで結露対策として効果的ということです。

(商品コード:B0036OA2SCのAmazon商品は販売終了しました。)

次に除湿機を使うことで結露対策によい点をポイントにして上げたいと思います。

ポイントその1:結露をできにくくします

窓などにつく結露を湿気などをとりのぞくことで結露をつきにくくします。拭いたほうがいいです

除湿器をつかうことと、併せて窓をふくことも併せておこなうことで結露対策によりこうかてきになります。

ポイントその2:カビ対策に有効です

除湿器のなかには、カビ対策に有効な機能が搭載されているものがあります、この機能をつかうととても便利です。

おわりに

窓に結露などができる機会がふえてきます。そのような時に有効なのが冬場の窓の結露対策です。対策をして快適にしましょう。

(商品コード:4753023141のAmazon商品は販売終了しました。)

本記事は、2010年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る