生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 窓の結露を少しでも防止する方法

窓の結露を少しでも防止する方法

2010年11月30日作成

 views

お気に入り

寒い時期になると現われる結露。朝になって窓がベットリと濡れているのを見る度にウンザリしますね。放っておくとカーテンやサッシにカビが生えてしまうので毎朝水滴を拭き取るという余計な仕事を増やされます。

少しでもいいから何か対策がない物でしょうか。ドラッグストアで見つけた対策用品をご紹介します。

そもそも結露って

結露は温度差と湿度で出来る

結露は温度差によって出来る水蒸気のような物です。冬は外は寒く家の中は温かいので、空気中の水分が水蒸気になって温度差の激しい窓に付くのです。

ですから人の寝息や体温で温度も室内の水分も上がっている寝室が一番被害に遭いやすいのです。人の居ない部屋は、あまり被害がありませんよね。

とりあえず翌朝の窓掃除は必須

結露対策とは温度と湿度の対策、つまり部屋の温度を外と同じにすることや換気で解決します。しかし、人が寝ている部屋でそんな事をすれば凍えながら寝なくてはなりません。

寝室など一晩中人が暮らす部屋の結露対策は、もっかの所、朝水滴を掃除するくらいしか無さそうです。

少しでも結露を減らそう(結露対策グッズ)

結露防止シート

窓ガラスに貼り付けて断熱する事により温度差を防ぎます。

窓ガラススプレー

窓ガラスの水だれや曇りを防ぎます。

窓用ヒーター

窓用結露防止ヒーター70cm 8123

窓際の冷気と湿度を防ぎます。

おわりに

窓の下に不要のタオルを置いておくなどお金の掛からない対策も出来ますね。結露は不快な物ですが、これも四季の「わび・さび」だと思って少しでも快適に過ごせるように乗り切りたいものです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • A28ad4e2 2cd0 49f8 bf53 70efebc81f3b

本記事は、2010年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る