生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 地球に優しく家族に優しく、少しのことで、Eco&Ecoな生活をする方法

地球に優しく家族に優しく、少しのことで、Eco&Ecoな生活をする方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

キッチンや浴室をのぞいてみると、いろいろな種類のクレンザーが置いてあることに驚くことはありませんか?

ガスコンロ用、食器用、床用、お風呂用等など。子供が産まれたら、今度は、ベビー用の食器洗いや肌着洗い用の洗剤を買い足し、さらに増えるクレンザー達。

本当に、場所によって使い分ける必要があるのでしょうか?

できる限りいろいろな用途に使え、そして環境に優しい洗剤を使うことで、家計にも優しく、地球にも優しい、Eco&Eco (エコロジー&エコノミカル)な方法をご紹介します。

その1:いろいろな場所に適用できる洗剤がある

エコ家事には欠かせない人気の「重曹」が、キッチンや浴室の掃除などにも使えるのは良く知られていますが、重曹よりさらに洗浄力をアップさせた「アルカリウオッシュ」という商品があるのはご存知ですか?

台所のベタベタ油や、家具や取手の手あか汚れにも良く落ちると人気の商品です。洗濯用の洗剤としても使用できるので、ガスコンロ、浴室、洗濯はこれ一つでおさまることになります。

また、浴室のカビも落とすことができるので、市販の刺激が強いクレンザーよりも安心して使うことできます。

小さな子供がさわっても安心ですね。石鹸よりも自然に優しい素材でできているので、地球にも家族にも優しい商品です。

その2:家族で使える石鹸やボディーローションがある

体を洗う石鹸もさまざま。夫は石鹸、妻はボディーシャンプー、子供は肌に優しいベビー用のボディーシャンプーなど家族用にわけている人も多いのでは?

昔からなじみのある「シャボン玉石けん」は自然に優しい素材で作られているので、子供からお年寄り、肌の弱い人まで使えます。

また、「ダマスクローズウオーター」は、天然のバラ水でできているローションで、潤いや冷却効果が期待できます。天然素材なので、赤ちゃんにも安心して使えます。

また、冷却効果もあるので、紫外線に当たった後の髪や肌にも効果的、これ1本を家族全員で体中使っています。ベビー用や夫用、部分用など分けて買う必要がなくなり、日用品代がかなり節約できています。

おわりに

新製品がでると、あれ用、これ用とさまざまな種類のアイテムを揃えがちですが、決してすべて必要なわけではありません。少しずつものを減らし整理してみると、家もすっきりし、自然と節約もできてくるものです。

環境にも子供にも安心なものを使っているのに、家計に優しいなんて魅力的ですよね。ちょっとのことで、Eco&Ecoライフ。ぜひ挑戦してみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101130154944
  • 20101130155010
  • 20101130155023

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る