生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 正しいランニングフォームを身につけるためのポイント~足の運び~

正しいランニングフォームを身につけるためのポイント~足の運び~

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

走る時には、正しいランニングフォームはとても重要です。良いフォームで走ると、無駄な力を使わず長く走れるようにもなるのです。

そこで今回は、ランニングフォームの中でも正しい足の運び方を説明します。

動画で学ぶ

動画内の解説者の情報はこちら

正しいランニングフォーム

ポイント1:まっすぐ着地をする

つま先は外に広がらず、内側に入らず、まっすぐに前に向けて足を着地させます。

ポイント2:まっすぐ蹴りだす

蹴り足が外に向くと、膝に負担がかかります。蹴りあげた足もまっすぐ後ろに出すように意識しましょう。

ポイント3:へその位置を高いまま走る

臍の周りの力を抜いて走ると、踏み込む時に体が沈み込み、へその高さが上下します。体が沈み込むと、それだけ体を持ち上げる力が必要になります。

そこで、腹に力を入れてへその位置は高いまま保って走るようにしましょう。高いままキープすると、地面を蹴る時間も減るので無駄に力を消費することもありません。

おわりに

ジョギング・ランニングをする時の、正しい足の運び方を説明しました。よりよいランニングフォームで、楽しく走りましょう!

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130819165051 5211ce5b48da9
  • 20130819163308 5211ca3424c1c
  • 20130819163400 5211ca68982b8
  • 20130819163422 5211ca7eea444

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る