生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 正しいランニングフォームを身につけるためのポイント~腕振り~

正しいランニングフォームを身につけるためのポイント~腕振り~

2013年08月19日作成

 views

正しいランニングフォームはとても重要です。良いフォームで走ると、無駄な力を使わず長く走れるようにもなります。そこで今回は、ランニングフォームの中でも正しい腕の振り方を説明します。

目次

動画で学ぶ

動画内の解説者の情報はこちら

正しい腕の振り方

腕は内側や前方に振らない

小中学生のころ「走るときは大きく腕を振って」と言われたかと思います。しかし、内側や前方に大きく振る動作では意味がありません。

肩甲骨を大きく動かす

腕を振るときに重要なのは、「肩甲骨」を大きく動かすことです。

人類の祖先は四足で歩いていました。そのときには、前足と後ろ足が連動しており、その前足の関節となるのが肩甲骨でした。そのため、私たちも肩甲骨を動かすことで、連動して足が動きやすくなるのです。

肩甲骨を動かすには

肘を後ろに引くようにする

肩甲骨を動かすには、肘を後ろに引くように意識するといいでしょう。肘を後ろに引くようにすると、肩甲骨が動いているのが分かると思います。

大きく前に振る動きは肩甲骨が動きにくいため、無駄な動きになり、疲れやすくなってしまいます。

胸を張ると動かしやすくなる

猫背になっていると肩甲骨が動かしづらくなってしまいます。胸を張ると背中にゆとりができるので、腕を動かしやすくなります。

走る際は、胸を張って大きく腕を振ることを意識しましょう。

おわりに

ジョギング・ランニングをするときの、正しい腕の振り方を説明しました。より良いランニングフォームで、楽しく走りましょう!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130819161218 5211c552e2318 thumbnail
  • 20130819153600 5211bcd000e8b thumbnail
  • 20130819153634 5211bcf274cf1 thumbnail
  • 20130819153721 5211bd21377c7 thumbnail
  • 20130819153747 5211bd3beb5c1 thumbnail
  • 20130819153809 5211bd51ac27a thumbnail

本記事は、2013年08月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る