生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 世界遺産・知床を観光する方法

世界遺産・知床を観光する方法

2010年11月30日作成

 views

世界遺産の知床半島にこれから旅行などされるかたむけに知床半島を観光する方法について書いています。

知床半島の世界遺産の登録範囲は、北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島と、その沿岸海域が登録の対象となっています。

知床は2005年7月17日正式に世界遺産に登録されています。知床半島と、その沿岸海域が世界遺産に登録されています。

目次

知床とは

知床は、半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域である。冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れます。テレビなどでご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか

自然遺産として3件目の物件です。また、海岸線から約3km沖まで登録地域です、日本で初めて海洋を含む自然遺産登録物件になっています。

流氷とは

海上を漂っている氷のことをこのようによんでいます。海岸に定着している氷以外のものをいうこともあります。

沿岸から流氷が確認できたそのシーズンの最初の日を流氷初日といいます。日本での流氷初日は、平年では北海道のオホーツク海沿岸で1月中旬から下旬頃に流氷をみることができます。

この流氷はたいへんめずらしいものですので、日本のオホーツク海沿岸の観光の資源としてたいへん有名です。

流氷初日

北海道のオホーツク海沿岸で流氷初日の時期は、平年では北海道のオホーツク海沿岸で1月中旬から下旬頃に流氷をみることができます。

流氷自体がなかなかみれないめずらしいものですので、一度観光されてみるのもいいかもしれません。観光にはとてもいい観光資源だとおもいますので、北海道にいかれたさいは見てみるのもいいとおもいます。

おわりに

この知床でみられる、流氷はたいへんめずらしいものですので、日本のオホーツク海沿岸の観光の資源としてたいへん有名です。観光するには最適だとおもいます。

知床はとてもきれいな世界遺産です。その環境などを残していくためにもきまりなどにきをつけて観光しましょう。

本記事は、2010年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る