生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 超厳選!一度は食べてほしい日本の極上米10選

超厳選!一度は食べてほしい日本の極上米10選

2013年08月16日作成

 views

お気に入り

実は日本には、300種前後ものお米の品種があるということを、ご存じでしょうか?日本人の主食であるお米、品種にもこだわって、自分に合うものを探したいですよね。

ここでは、2012年の食味ランキングで特Aレベルを獲得したお米の中から、日本人なら一度は食べてほしい、おいしいお米の品種をご紹介します!

目次

1:新潟県産「コシヒカリ」

(image by Amazon)

お米の概要

言わずと知れた、日本で最も有名なブランド米。味、香り、粘り、つやに優れた、日本人好みのお米です。

新潟県は昔「越後(えちご)」と呼ばれていましたが、コシヒカリの「コシ」は「越後」の「越」に由来しています。「越の国に光り輝く」ことを願って「コシヒカリ」、ということです。

コシヒカリは多くの地域で栽培されていますが、特にこの新潟県魚沼では、清らかな水や肥料要素が多く含まれる土壌により、柔らかくておいしいお米を育てることが可能なのです。

「コシヒカリ」に合う料理

どんな料理にも合う、万能のお米です。食べごたえのあるタイプなので、洋食や肉料理など、しっかりした味の料理にも負けません。

2:北海道産「ゆめぴりか」

(image by Amazon)

お米の概要

北海道が自信を持って送り出したブランド米。「日本一」というブランドをコシヒカリから奪取するのでは、とも言われています。強い甘みと粘り、やわらかさ。そしてつややかな炊きあがりにより、北海道のエースとして大きな期待を担っています。

「ぴりか」とは、アイヌ語で「美しい」という意味です。「ゆめぴりか」は、「美しい夢」という意味。北海道の夢を背負った名前ですね。

「ゆめぴりか」に合う料理

コシヒカリと同様に、しっかりした食べごたえのあるタイプのお米ですので、どんな料理にも合い、特に濃い味付けのおかずとの相性が抜群です。

独特の粘り、もっちり感により、冷めてもパサパサにならないので、お弁当やおにぎりにも最適です。

3:北海道産「ななつぼし」

(image by Amazon)

お米の概要

北海道芦別市で栽培されています。芦別市は「星の降る里」というキャッチフレーズを持ち、環境省からも「星空の街」に認定されています。そんな芦別市が生んだブランド米が、この「ななつぼし」。いかにも星空の街ならではの素敵なネーミングです。

農薬を抑えて栽培されているので、安全・安心でおいしいお米です。つや・粘り・甘みのバランスが抜群。北海道米の中でも、最も多く作られている品種です。

「ななつぼし」に合う料理

冷めてもおいしさが長持ちするので、お弁当やお寿司に人気があります。また料理ではないですが、無洗米としての適性にも優れているため、おいしい無洗米をお探しの方はぜひお試しを。

4:九州産「ヒノヒカリ」

(image by Amazon)

お米の概要

九州を中心に、中国・四国地方や近畿地方などといった西日本で広く栽培されている、宮崎県生まれの品種です。2012年食味ランキングでは、大分県、熊本県、奈良県産のヒノヒカリが特Aランクを獲得しています。

コシヒカリを親に交配されているため、コシヒカリのようにしっかりとした食べごたえのあるお米になっています。味・つや・香りに優れ、年間を通して安定した品質を保っています。

「ヒノヒカリ」に合う料理

コシヒカリ同様、どんな料理にも合い、特に味の濃い料理には最適です。また、お茶漬けにしてもとてもおいしいです。

5:熊本県産「森のくまさん」

(image by Amazon)

お米の概要

「森」の都である「熊」本県で生「産」されたお米なので、「森のくまさん」。チャーミングな名前ですが、その実力は折り紙つき。2012年の「食味ランキング」で見事第1位に輝いたブランド米です。父コシヒカリ、母ヒノヒカリという交配で生まれた品種で、味やつや、粘りなどの総合評価がとても高いお米です。

もともと温暖な気候である九州のお米は、寒い地方のお米に味が劣るとされてきました。そんな評価を覆すべくして、九州ではお米の研究が盛んに行われており、この「森のくまさん」をはじめ高温でもおいしいお米が開発されています。

「森のくまさん」に合う料理

炊き方や水加減を調整することで、お好みの食感が作れるタイプのお米です。お好みの炊き方を探してみるのも楽しそうなお米ですね。総合的な評価が高いお米なので、お米だけでも十分に味わい深い品種です。

6:佐賀県産「さがびより」

(image by Amazon)

お米の概要

こちらも高温に耐える品種として、佐賀県で開発されたブランド米です。気候が大きく変動し、雨が降ったり風が吹いたりする中で、秋には笑顔で米の収穫を迎える…。そんな思いが込められた、「さがびより」というネーミングです。

つやのある光沢、もっちりした食感と甘み、香りが特徴的なお米です。お米の食味にはたんぱく質の量が密接に関係しますが、この「さがびより」はたんぱく質を減らすことで、お米本来の旨味を引き出しています。

「さがびより」に合う料理

水を多めにして炊くともっちり、水を少なくして炊くとさっぱりした食感になるので、料理に合わせて炊き方を変えることで、よりおいしく食べることができます。薄味の料理にはさっぱり、濃い味の料理にはもっちり…と使い分けができるのは、嬉しいですね。

7:福井県産「ハナエチゼン」

(image by Amazon)

お米の概要

コシヒカリを生み出した福井県で開発されたお米です。コシヒカリとの大きな違いは、収穫期。なんと8月の終わりには収穫ができるので、いち早く福井県のおいしい新米を楽しむことができます。「華(花)」を「越(コシヒカリ)」より「前」に咲かせることから、「ハナエチゼン(華越前)」と名付けられました。

「白い・早い・旨い」の三拍子そろったハナエチゼンですが、最大の特徴は少し硬めの食感。最近の柔らかいご飯に慣れた方だと、衝撃を受けるかもしれません。しっかりとした食べごたえをお求めでしたら、最適の品種です。

「ハナエチゼン」に合う料理

硬めの食感は、カレーや丼ものにおすすめ。ルーやつゆをかけても、ご飯がふやけてしまうことがありません。また、硬いご飯が好まれるお寿司にも最適です。ご家庭での手巻き寿司にも、ぜひ使ってみてくださいね。

8:宮城県産「ひとめぼれ」

(image by Amazon)

お米の概要

登場してわずか3年で、作付面積がコシヒカリに次ぐ2位となった、実力派のブランド米です。見た目、味ともにひとめぼれしていただき、全国で愛されるお米になってほしい、という願いが込められています。

親にコシヒカリを持つため、味・香り・粘りともにコシヒカリと同等レベルです。また交配により、コシヒカリよりも大粒で、粒の見た目が豪華になったのも特徴的です。まさに味にも見た目にも「ひとめぼれ」してしまいそうです。

「ひとめぼれ」に合う料理

やわらかい炊きあがりで、薄味の料理や和食の魚料理などに合わせやすいタイプです。また、混ぜご飯や炊き込みご飯にしてもおいしく頂けます。

9:秋田県産「あきたこまち」

(image by Amazon)

お米の概要

生産地である「秋田」と、小野小町にちなんだ「小町」を掛けあわせた「あきたこまち」というネーミングがとても印象的なお米です。

コシヒカリの血を受け継いではいるものの、コシヒカリよりも安価な品種を目指したため、大衆に広く支持を得ているブランド米です。安価な品種と言っても、味はコシヒカリに劣りません。一粒一粒がはっきりしている粒感と、さっぱりした食味が特徴。

「あきたこまち」に合う料理

さっぱりした食味は、丼ものや味の濃い洋食との相性が抜群です。また粘りが強く粒がばらけないので、寿司用としても高い評価を得ています。

10:山形県産「つや姫」

(image by Amazon)

お米の概要

コシヒカリの作付が拡大する日本で、さらなる良食味品種が求められるようになり、そんな中で開発されたのがこの「つや姫」です。開発に10年がかかった、山形県の自信作です。

良食味を求めて作られた「つや姫」の特徴は、やはり美味しさにあります。甘み、うまみなどの食味において、コシヒカリよりも高い評価を得ています。艶があり粒がそろった見た目も、その美味しさに磨きをかけています。

「つや姫」に合う料理

しっとり、かつさっぱりした甘みのある「つや姫」は、あっさりとした食事と相性が良いです。和食には是非「つや姫」を合わせたいですね。またさっぱりとした味わいのため、朝食にも最適ですよ。

おわりに

日本には、ご紹介した以外にもたくさんの品種のブランド米があります。せっかく日本に生まれたからには、おいしいお米をたくさん食べたいですよね。ぜひ品種にもこだわって、お米を選んでみてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • F9ce503b b004 4d84 80be 20b6005f9a8e
  • 20130816125209 520da1e9559da
  • 20130816125118 520da1b64d947
  • 20130816125016 520da178d29bb
  • 20130816125730 520da32a37eee
  • 20130816124902 520da12ecafb6
  • 20130816124640 520da0a0358fd
  • 20130816125948 520da3b431e60
  • 20130816124534 520da05eb6941
  • 20130816124426 520da01a45816
  • 20130816124324 520d9fdc70ec4

本記事は、2013年08月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る