生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 掛け布団がズリ落ちない!ベッドガードの選び方

掛け布団がズリ落ちない!ベッドガードの選び方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ベッドガードとは、寝ている間に掛け布団が下にずり落ちたり、寝ている人がベッド下に落ちないようにするものです。

現在は子供1人とダブルベッドで寝ていますが、子供が生まれる前から、著者はベッドガードを活用しています。

その体験をもとに、ベッドガードを選ぶポイントをご紹介しますので、購入する際の参考にしてみてください。

著者が持っているベッドガードについて

  • メーカー:近所のホームセンターにて購入したものでメーカー不明
  • サイズ:タテ35cm×ヨコ70cm×マットレス下に差し入れる個所41cm
  • 素材:スチール
  • 価格:1500円くらい
  • 購入時期:1990年代半ば
マットレス下に差し入れる個所は、折りたたむこともできます。

ベッドガードの選び方

ポイント1:シンプルで使いやすい

ベッドガードの作りはとてもシンプルです。使い方も簡単で、マットレスの下に差し込むだけです。

著者の持っているベッドガードは、あくまで「布団がずり落ちない」ためのベッドガードなので、シンプルかつ安価で手に入れることができます。

小さいお子さん用のものは、ベッドガードにメッシュが張ってあるタイプがおすすめです。ベビー用品コーナーで探されるとよいかと思います。

また、介護の必要とされている大人の方が、ベッドから落ちないようにするという目的の場合は、マットレスから外れにくく、十分な長さのある物をおすすめします。介護用品のコーナーに置いてあります。

ポイント2:丈夫で壊れにくい

著者の持っているベッドガードはスチール製で壊れにくいので、18年ほど使っています。子供が成長したあとも、掛け布団のずり落ちを防止するなど、意外に長く使えます。

著者の持っているベッドガードはスチールがむき出しですが、お子様用は柔らかい肌が傷つかないように、スチールがカバーされているタイプがあります。

ポイント3:安全性が高い

どんなものでも思わぬ事故というのが、1番怖いですよね。特にお子様用、介護者用のベッドガードは、安全設計をうたった商品が安心です。

著者の使用しているベッドガードで、特に危険を感じたことは無いのですが、マットレス下に差し入れるとき、奥までしっかりと入れておかないと「出っ張り」ができてしまいます。

スチール製で丈夫なので足などをこすると、けっこう痛かったという経験があります。

スチールがむき出しなので、マットレスの下に差し込む際に、ベッドに傷がつかないように気を付けてください。

おわりに

ベッドガードがなかった時は、掛け布団が何度も下に落ち、寒くて目が覚めるということがしばしばありました。今はベッドガードのおかげで、そういうことは全くありません。

皆さまも、快適な睡眠のために、ベッドガードを上手に活用してみてください。この記事が参考になれば幸いです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130813163449 5209e199aa1da
  • 20130814101808 520adad0b4c6f
  • 20130813163607 5209e1e701a2f
  • 20130814102902 520add5e48503

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る