生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 必ず!遠距離恋愛が成就するコツ

必ず!遠距離恋愛が成就するコツ

2010年11月30日作成

 views

お気に入り

はじめに

現在遠距離恋愛中の方、またこれから遠距離恋愛中の方、きっと不安なことも多いと思います。

ドラマや小説、色々な場所で『遠距離恋愛』がテーマとして描かれる機会は多く、遠距離恋愛を経験のない方でも、その大変さや寂しさは想像つくことでしょう。

『こうしたらうまくいくのに・・』と理論上は理解しているつもりでも、いざ自分が当事者となると、なかなか自分の感情や行動をコントロールするのは難しいものです。

そこで、今回は改めて『遠距離恋愛』をいかに成就させるか、具体的な策を挙げて考えてみたいと思います。

遠距離恋愛が成就するコツとは?

二人の距離と温度差を知りましょう

まず必ず理解して欲しいのが、距離が離れれば離れるほど、その場の空気や雰囲気、感情に温度差が出てくるということです。

これは『冷める』ということではありません。自分と相手が同時に同じ気持ちを共有しているとは限らないということです。顔が見えていないなら尚更状況把握をするのは難しいということです。

ここで具体例を挙げてみましょう。

あなたは仕事でぐったり、本当に疲れて家に帰ってきました。朝から何も食べていませんのでおなかもすいています。やっとこれからら夕食を食べられます。そんな時に電話がかかってきました。

相手はかなりテンションが高く、パーティーでもして盛り上がっているようです。酔ってもいるようです。相手の話はいかに今盛り上がっているか、楽しそうに話は続いています。

そんな時、あなたはどう思いますか?どんなテンションで相手とお話しますか?

あくまでこれは一例ですが、自分と相手の状況が一緒とは限りません。目に見えない温度差が必ずそこにはあります。

  • 『こんなに私が話しかけてるのに、なぜ楽しく話してくれないの?』
  • 『久しぶりに話せたのに、そっけない』
  • 『私が仕事で大変なときだってわかってるのに、理解してもらえない』
  • 『私が寂しいときなのに、会社の人たちと飲んでるなんて・・・』

そんな気分になる瞬間もあるかもしれません。でも、何せ相手とは状況が全く違うのです。自分に生活リズムがあるように、相手にも相手の生活ペースがあることを知ってください。

まず、遠距離恋愛を続けるための信頼関係はここにあります。相手を信頼し、自分にはわかりえない状況もあるのだと理解してください。全て自分に合わせてもらうことは不可能だと知ってください。

相手に依存しない人が勝ち!

これは遠距離でなくても言えることですが、遠距離恋愛なら尚更、相手に依存しすぎるのは危険です。

勿論、なかなか逢えないのは寂しいし、切ない。でもそんなことは当たり前のことなのです。それを覚悟の上でお付き合いしているのです。

『逢いたい』『寂しい』と相手に気持ちを伝えることは大切ですが、言い続けても何の解決にもなりません。むしろ寂しさを煽るだけだと知ってください。

では、どうしたらよいか?

人は何かに打ち込んでいる、頑張っている人に魅力を感じるものです。自分を持っている人に魅力を感じるものです。

遠距離というハンデをチャンスに変えて、今ある自分の生活を楽しみましょう。そして、相手に『今日こんなことがあってね』と明るい話ができるように、充実した時間を過ごすことが大切です。

【あなたがいなきゃ何もできない】という人に魅力はありません。むしろ『自分も頑張らなきゃな・・』と相手に刺激を与えたり、『追いたい人』と思わせてみてください。

最善のコミュニケーションは手紙です

今や電話・メール・テレビ電話・チャットなど、色々な手段で離れている相手とコミュニケーションがとれますよね。

しかし、自分の真の想いを伝えるには、手書きの手紙が一番です。

手紙なら相手もゆっくりした時に自分のペースで読むこともできますし、何度も読み返すことができます。また手書きは何より心がこもっていますよね。

相手を愛おしいと想う気持ちは、是非手紙を有効活用してみてください。

おわりに

いかがでしょうか?遠距離恋愛を楽しむことができそうですか?

本当に寂しいし、切ないのは誰もが知っていることです。その気持ちを爆発させたいこともあるでしょう。街中でカップルを見ると、余計辛くなるのもわかります。

でも、ネガティブになればなるだけ、辛いのは自分と相手です。

遠距離恋愛は冷静に自分の置かれた状況を把握し、その環境を楽しんだ者勝ちです。

是非あなたの遠距離恋愛も成就しますように・・・。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101129234137

本記事は、2010年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る