\ フォローしてね /

ビールでナメクジを退治する方法

このライフレシピのもくじたたむ

春から秋にかけて屋外に出していた鉢植えを、寒さに備えて室内に取り込むと、時として招かれざる客が一緒にくっついてくることがあります。

大切に育てている花のつぼみや、出たばかりのやわらかい新芽を食べつくしてしまうナメクジ。カーペットや床の上に白く描かれた痕跡をみると、ぞっとするものです。

鉢を取り込む前にしっかり害虫を退治して、室内に持ち込まないようにしましょう。

用意するもの

  • 飲み残しのビール
  • プラスチック容器(プリンカップやビンのふたなど)

やり方

ナメクジはなぜかビールが好物のようです。ビールのニオイにつられてきておぼれてしまいます。

STEP1:ビールを注ぐ

飲み残しのビールを、プラスチック容器に注ぎます。1cm程度あれば十分です。

容器はなるべく浅い容器にしてください。
ビールを注ぎすぎると、処分するときが大変です。最低限にしましょう。

STEP2:置く

容器を鉢植えや、被害にあった植物の周りに置きます。

ナメクジは夜に活動するため、夕方にビール入り容器を出すと良いでしょう。

STEP3:処分する

おぼれたナメクジごと容器を処分します。ビールは土に還すか、下水に流しましょう。

夕方に容器を出すと、次の日の朝にはたいてい退治できています。

野外の場合、雨や朝露でビールが薄まったり、陽射しで乾いてしまうことがあるので、夜出して朝取り込むようにしてください。

おわりに

ベランダ菜園や一坪農園でも、ナメクジの食害にあうと悔しい思いをします。この方法は、ビールを使った退治なので、野菜を育てていてなるべく薬品を使いたくない場合にも安心です。

筆者がイチゴを育てていたときに、熟すそばからナメクジに食べつくされ困ったことがありましたが、この方法でビールを使って退治できました。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。