生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. なぜ空は青いのか?無垢な子供から聞かれそうな素朴な疑問と答え方

なぜ空は青いのか?無垢な子供から聞かれそうな素朴な疑問と答え方

2013年08月09日作成

 views

「お空なんで青いの?」「海はなんでしょっぱいの?」などなど、子どもからの疑問って、身近なものなのに意外と答えるのが難しいものが多いですよね?

しかし、子どもを育てるパパ・ママなら、そこはキッチリ教えてあげたいところ。今回は、子どもから聞かれそうな身近な疑問とその答えをまとめてみました。

雑学って面白い!みんなで共有できる面白い豆知識ならこちらも要チェック!
今すぐ使える生活の雑学・トリビアまとめ

目次

Q1.「お空はどうして青いの?」

実は太陽の光に関係がある

空が青いのは、実は太陽の光に関係があります。太陽光は、肉眼では白っぽく見えると思いますが、実はこれ、虹の7色(赤色、橙色、黄色、緑色、青色、藍色、紫色)が交じり合ってできているものなのです。

白っぽく見える太陽光は、7色の光からできている。

地球上の大気も関係している

そして、空の色にもう一つ影響を与えている要素があります。それは、地球上の大気。実は、地球上の大気に含まれる分子は、青い光だけを捕まえて別の方向に散乱させる性質があるのです。

地球上の大気は、青い光だけを散乱させる。

大気が青色だけを散乱させるから、空は青く見える!

つまり、7色が混じっている太陽光の中から、大気が青い色だけ散乱させるために空は青く見えるのです。大気中に分子はたくさんあるので、私たちの目に入ってくるまでに、空一面に青色だけが広がるのですね。

大気が青色だけを空一面に散乱させるから、青く見える。

Q2.「どうして虹ができるの?」

第一の要因は「雨」

虹ができるタイミングと言えば、雨上がりですよね。実は、虹の発生に雨は大きな影響を与えています。

雨が降ると、空気中には水の粒が漂い、スクリーンのような状態になります。そこに太陽光が反射することで、虹は私たちの目の前に現れるのです。

太陽光が雨粒に反射することで、虹は現れる。

虹が7色になる理由は?

では、なぜ水滴に反射して現れた虹は7色なのでしょうか?

先ほど説明したように、太陽光は7色の光からできています。光は、水滴の中を通る時に折れ曲がるのですが、この時、どの方向(角度)に反射するかは色によって異なるのです。

それぞれに別の角度に反射するため、光は7色の帯となって空に現れるのですね。

水滴の中を通ることで、光は7色にわかれ、虹になって現れる。

Q3.「海のお水はなんでしょっぱいの?」

海の水はなぜしょっぱい?

海の水はなぜ塩辛いのでしょうか? それは、実際に海の中には塩が溶けているためです。

海の水がしょっぱいのは、塩が溶けているから。

では、なぜ海に塩が含まれているのか?

実は、海に塩が含まれている理由を探るには、約40億年前の地球にタイムスリップする必要があります。

当時の地球は、とても熱く、水は気体の状態(水蒸気)で空気中に含まれていました。そして、そんな空気の中には、現在の空気中には含まれない「塩化水素(HCl)」という物質が含まれていたのです。この物質は、水に溶けると「塩酸」になる性質を持っています。

一方、水蒸気と塩化水素が漂う空の下には、「ナトリウム(Na)」を含む岩石が転がっていました。このナトリウムという物質は、塩酸に特に溶けやすい性質を持っており、塩酸と中和することで「塩化ナトリウム(NaCl)」という物質に変化します。

しばらくすると、地球はだんだん冷えていき、空気中の水蒸気が水へと変化していきました。すると、空気中の水分と塩化水素が交じり合い、塩酸の雨(酸性雨)となって地表に降り注ぎ始めます。地表には、塩酸に溶けやすいナトリウムを含んだ岩があります。

結果、塩酸の雨によって岩の中にあったナトリウムが溶け、塩化ナトリウムを含んだ水となって、一緒に今の海になる部分へと流れ込んだのです。

「塩」の正式名称が「塩化ナトリウム」というのは授業で習ったことがあるかと思います。つまり、塩水が長い年月の中で海に流れ込み、今のしょっぱい海が完成したのですね。

生まれたばかりの地球には、塩のもとが岩の中にあり、雨がそれを海に運んでくることで、今の海水はしょっぱくなった。

Q4.「お星さまはなんで光ってるの?」

夜空には2種類の星がある

夜空には多くの星が光っていますが、大きく分けると、自分で光り輝く「恒星」とそうでない星(惑星や衛星)にの2種類に分けられます。

星には、自分で光る恒星とそうでない星の2つがある。

光らない星はなぜ光って見える?

自分で光を放たない惑星や衛星は、太陽の光を反射することで、肉眼では光っているように見えます。

惑星や衛星は太陽光を反射して光って見える。

恒星はなぜ光る?

では、なぜ恒星は光っているのでしょうか?

それは、恒星が光エネルギーを放出しているからです。星の中で水素などのガスが「核融合反応」という現象を起こすことで、熱と光が放出され、恒星は熱く輝いているのです。

恒星は核融合反応を起こすことで、光を放っている。

ちょっと答えにくい疑問の上手なかわし方

妊娠や宗教に関する問題など、中には知識だけあっても少し答えにくいものもありますよね。しかし、そこで窮してしまっては親の面目が保てません!

「全国こども電話相談室」で活躍した先生などの名回答を参考に、上手にかわしてあげましょう。

Q.「どうして子どもができるの?」

お父さんとお母さんが赤ちゃんが欲しいね、という相談がまとまったから。

Q.「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」

女の人のカラダから外につながる道は3つあるの。おしっこの道、うんちの道、そして真ん中にいのちの道があるのよ。赤ちゃんのお部屋から、いのちの道を通って、赤ちゃんは進んでくるのよ。

Q.「『宇宙』と『あの世』はどっちが遠いの?」

あの世は一度行ったら帰ってこられないが、宇宙からは帰ってこられますよね? だから宇宙の方が近いんですよ。

Q.「『神様』と『仏様』はどちらが偉いの?」

それはね、三波春雄はお客様は神様と言って、国技館に5000人もお客様を集めたんだよね。ほとんどのお客様はお年寄りだったんだねぇ。それが、いまでは500人も集まらないんだよね。どうしてかと言うと、多くのお客様は死んじゃって仏様になったんだよ。だから、仏様の方が偉いんだよね。

おわりに

意外と知らなかったことが多かったのではないでしょうか? もし、お子さんが聞いてきたら、しっかり答えてあげましょうね。答えにくい疑問にはユーモアも大切です。

(image by PIXTA)
(image by amanaimages1 2 3 4 )

この記事で使われている画像一覧

  • 6bb8d243 6591 41a6 9f09 ed744a7aeb68 thumbnail
  • 20130809163057 52049ab1b5c28 thumbnail
  • 20130809163319 52049b3f5db9b thumbnail
  • 20130809163215 52049affd6ffb thumbnail
  • 20130809163412 52049b74b771f thumbnail

本記事は、2013年08月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る