生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 甘酸っぱい気持ちを思い出す!おすすめ青春映画5選

甘酸っぱい気持ちを思い出す!おすすめ青春映画5選

2013年08月08日作成

 views

お気に入り

はじめに

「なんてバカだったんだろう!」「あの頃は若かったな~!」と、思い出すだけで恥ずかしくなるエピソードは誰にもあるのではないでしょうか?

そんな甘酸っぱい気持ちを思い出させてくれる、おすすめの青春映画をご紹介します。

おすすめの青春映画5選

『ウォーターボーイズ』(2001年)

新任女教師の色気に乗せられて、学園祭でシンクロを発表する約束をしてしまった平凡な男子高校生たちの夏休みを描いた青春映画。

コメディをベースにしつつも、思春期特有の倦怠感などがリアルに描かれています。ラストのシンクロのシーンも見物です。

『耳をすませば』(1995年)

柊あおいの漫画を原作とした、スタジオジブリ製作のアニメ映画。

読書が好きな中学3年生の雫が、ヴァイオリン職人を目指す少年に惹かれていく中で、進路やコンプレックスといった悩みと向き合っていく心の動きが丁寧に描かれています。ラストは胸キュン間違いなし!

『ぼくらの七日間戦争』(1988年)

夏休み前のある日、中学1年の生徒8人が町はずれの廃工場に立てこもり、理不尽で規則だらけの学校や大人たちへ“反乱”を起こした様子を描いた宗田理の同名小説を原作とした映画。

20年以上も前の作品ですが、今も変わらない子どもと大人たちとの確執を見事に描いています。

『小さな恋のメロディ』(1971年・イギリス)

11歳の少年ダニエルと少女メロディの純愛を描いた映画。

純粋ゆえに恐れを知らない恋が激しさを増し、騒動を巻き起こしていくこの作品は、日本で一大ブームを巻き起こしました。今も心に残っているという人が多くいます。

『あの頃ペニー・レインと』(2000年・アメリカ)

地元誌に書いた原稿がローリングストーン誌の目に留まり、普通の15歳の生活から一転、ロックの世界に没頭していく少年・ウィリアムの切ない初恋を描く、監督自身の体験を基にした青春ロードムービー。

70年代ロック・ミュージックが随所に流れ、音楽も存分に楽しめる作品です。

おわり

青春時代に見た映画も大人になってから見返してみるとまた違った印象を受けます。もしかしたら、あの頃「こんな大人になるもんか!」と思っていた大人に、自分がすっかりなってしまっているかも?そんな自分への戒めとして今一度見てみるのもおすすめします。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130807165245 5201fccd45bcf

本記事は、2013年08月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る