生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 戸籍証明書の取り寄せ申請の仕方

戸籍証明書の取り寄せ申請の仕方

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

日頃の生活の中で役所に申請しなければいけない書類は色々ありますが、意外に面倒なのが戸籍関係の書類です。

戸籍証明書が必要なのは不動産取得や相続手続き、パスポート申請などですが、本籍地に住んでいない人は役所へ行って申請するのは大変ですね。

こういう時には郵送で取り寄せることができるので便利です。最近は申請書をネットでダウンロードできる市町村も多いのですが、ここでは自分で便箋を使ってする方法を説明します。

用意するもの

  • 便箋またはA4用紙
  • 手数料として同封する定額小為替(証明書1通に付450円、これは郵便局で買える)
  • 返信用封筒切手を貼る)

申請書へ記入する必要事項

  • 本籍地住所(○○県○○市○○町○○番)
  • 筆頭者名
  • 誰のものが必要か
  • 筆頭者との関係(筆頭者の妻、長男など)
  • 何が必要か(戸籍謄本抄本、除籍謄本抄本など)
  • 何通必要か
  • 使用目的(パスポート申請の為、不動産取得の為など)
  • 申請者の住所、氏名、連絡のつく電話番号
  • 署名、捺印

投函する

申請書と共に上記にある定額小為替と、返信用封筒を同封して本籍地の役所(場)戸籍係宛てに送ります。

急ぎで必要な場合は速達で送り、返信用の封筒にも速達用に上部に赤い線を入れ速達と書き、切手も必要分貼っておくとよい

注意点

  • 郵送する封筒裏面にも必ず自分の住所氏名を書くこと

  • 返信用封筒に自分の住所氏名が書いてあるか、切手を貼っているか必ず確認すること

  • 市町村のよって手続き方法が違ったり、手数料などが変わっていないか予め公式ホームページや電話で確認しておく

おわりに

不明なことがあれば直接本籍のある所の役所に尋ねると丁寧に教えてくれると思います。一度この方法を覚えておけばいざという時にもあわてなくてすみますね。

公文書ですから不備のないようにしっかり確認してから投函してくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101130104008
  • 20101130105015

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る