生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 使用頻度を考えよう!キッチンシンク下における製菓道具の収納方法

使用頻度を考えよう!キッチンシンク下における製菓道具の収納方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

お菓子を作る道具って、種類も大きさもバラバラでごちゃごちゃしがちですよね。

今回は、著者が行なっている製菓道具の収納方法をご紹介したいと思います。

シンク下の収納をごちゃごちゃさせないコツ

大きさ、種類ごとに分類し、透明なケースや袋に入れて収納します。また、それぞれの使用頻度が異なりますので、それに合わせて定位置を決めて収納することです。

収納の方法

小さな型類はひとつにまとめてタッパーに収納

お菓子の型などは、タッパーにひとまとめにして蓋をして収納します。

ケーキ型やふるいは透明な袋に入れて収納

それぞれの使用頻度が異なるため、ケーキ型やふるいは透明な中身の見える袋に入れて、種類別に収納します。

使用頻度の高いものはシンク下の棚に収納

使用頻度の高い型などは、奥の方にしまうと取り出しにくいため、いつでも取り出せる場所に収納しています。

著者は、シンク下のスペースを無駄なく使用するために自分で取り付けた、突っ張り棚に収納しています。

使用頻度の低いものは奥の方へ収納

使用頻度の低い大きめのケーキ型類は、シンク下の一番奥の方に収納することで、他の物の収納の邪魔にもなりません。

めん棒・泡立て器・へらなどは引出しにまとめて収納

めん棒や泡立て器、へらなどはシンクの引出しにまとめて収納します。

収納のポイント

一箇所にまとめて収納する方法もありますが、著者の場合は、それぞれの使用頻度が異なるために、使用頻度に合わせて定位置を決めて収納しています。

これにより省スペースでも無駄なく収納することができ、必要なときにさっと取り出して使えるようになりましたので、使用頻度を考えた収納もおすすめですよ。

注意点

製菓道具の使用後、洗ったあとは完全に乾いてから収納するようにしましょう。

シンク下は特に湿気が多い場所ですので、水気が残っていると製菓道具のサビやカビの原因になる他、シンク下のカビの原因にもなりますので注意しましょう。

おわりに

ぜひ参考になさってみて下さいね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130804062142 51fd746661683
  • 20130804062224 51fd7490cb6a3
  • 20130804062233 51fd7499d9862
  • 20130804062251 51fd74ab224ff
  • 20130804062300 51fd74b4cd74c
  • 20130804062309 51fd74bd4da7d
  • 20130804062320 51fd74c8c4985

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る