生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お中元の「時期、相場、マナー」を知ろう! 大人のお中元いろは

お中元の「時期、相場、マナー」を知ろう! 大人のお中元いろは

2013年08月06日作成

 views

毎年夏に、お世話になった人へ感謝の気持を込めて贈るお中元。しかし、いざ贈ってみようと思っても、「いつ」「誰に」「何を」贈ればいいのか最初は分かりませんよね。

そこで今回は、大人なら知っておきたいお中元の基本マナーについてまとめてみました。お中元の人気ランキングもありますので、相手に喜ばれるお中元をじっくり考える参考にしてみてくださいね。

目次

そもそも「お中元」とは?

「お中元」とは、日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを表したり、「これからも末永いお付き合いを」という気持ちを込めて贈るものです。

お中元を贈る際の基本マナー

いつ?(時期)

地域によって異なりますが、7月初旬~15日頃までに贈るのが一般的です。西日本では、8月初旬~15日頃までに贈る地域もあります。

時期を逃してしまった場合は、時期によって以下のような表書きに改めましょう。

  • 8月6日までは「暑中御伺」
  • 9月7日までは「残暑御伺」
目上の人に贈るときは「御伺」、目下の人には「御見舞」にしましょう。

誰に?(贈る相手)

最近では、両親親戚会社の上司に贈る方が多いそうです。ただし、あくまでも感謝の気持ちを伝えたい相手に贈るものなので、「正しい相手」というものは存在しません。自分がお世話になった人へ贈りましょう。

一度贈ると、以後毎年続けて贈る場合が多いので、範囲を広げすぎるのも考えものです。
ちなみに相手が喪中であっても、お中元は感謝を示すものなので、贈って問題ありません。

何を?(贈る品物)

たくさんの人に贈る場合、一気に選んでしまいたいものですが、贈り物の基本は「相手が喜ぶもの」です。なので、自分好みの「あげたいもの」ではなく、相手の趣味嗜好や家族構成に合わせた品物を選びましょう。

ちなみに「お中元にもらいたい商品」としては、以下に挙げた品が人気なようです。

【お中元の贈り物人気ランキング】

1位 商品券
2位 ビール
3位 産直の生鮮野菜
4位 洗剤
5位 コーヒー
6位 調味料・食用油
7位 ハム・ソーセージ
8位 そうめん
9位 100%果汁飲料
10位 海苔・乾物

お酒が飲めない人にビール、独身の方にたくさんの生鮮野菜といった失敗には注意しましょうね。

いくらぐらい?(相場)

おおよその相場としては、3,000円~1万円の範囲で、贈る相手によって変わるそうです。

  • 会社の上司・お世話になっている人:5,000円
  • 親戚・知人:3,000円
  • その年に特別にお世話になった人(媒酌人など):5,000円~1万円
贈る相手別の相場観は以上のとおりですが、こちらはあくまで相場なので、身の丈にあった額で構いません。

お中元の正しい贈り方

正しい「のし紙」

お中元の贈り物に使う「のし紙」には、以下の条件に適うものを選びましょう。

  • 紅白(赤と金色で印刷されている)
  • 5本(又は7本)
  • 花結び(蝶結び)
  • 熨斗が付いたデザイン(花結び祝い・一般お祝い用)

名入れの方法

水引を境にして、上段に「御祝」「御中元」などの表書きを、下段に贈り主の氏名をやや小さく書きます。

基本的には毛筆で、慶事は濃墨、弔事は薄墨で書きます。

直接持参しない場合は「あいさつ状」を

本来は直接持参するのが習わしですが、最近では、デパートなどから先方へ直送するのが一般的になっています。

品物を贈る場合は、送り状を兼ねたあいさつ状を出すのがマナーです。はがきなどで、遅くとも品物が届く日までには送るようにしましょう。

その際、以下のような基本パターンを押さえておくと、失礼のないあいさつ状になりますよ。

  • 1:前文・時候のあいさつ
  • 2:感謝の気持ちを伝える言葉
  • 3:品物を送ったことを知らせる
  • 4:末文・結びの言葉
品物と一緒に送るときは、便せんやカードに書いたものを封筒に入れた上で送ります。

お返しは必要?お中元をもらった場合のマナー

お中元をもらった時、「お返しはどうしよう?」と悩む方も多いのではないでしょうか? 実は、お中元に対するお返しは基本的に必要ありません

ただし、お礼の気持ちをきちんと伝える必要はあるので、できるだけ早く「お礼状」を書きましょう。お中元が届いたらその日のうちに、遅くとも3日以内には出すようにしましょう。

どうしてもお返ししたい場合は、掛け紙の表書きに「御中元」もしくは「御歳暮」と書いて、受け取ったものの半額程度の品を贈るようにしましょう。

お礼状の基本パターン

目上の人などへ出すお礼状は形式を整えて前文から書きます。

  • 1:前文・時候のあいさつ
  • 2:品物が届いたことの報告とお礼
  • 3:いただいた品への具体的な感謝や感想
  • 4:末文・結びの言葉
プライベートの礼状はフリースタイルで書いてかまいませんが、うれしかった気持ち、感謝の気持ちが伝わるように書きましょう。

おわりに

最低限のマナーをしっかりおさえた上で、初めて感謝の気持は伝わります。失礼のないよう、正しい方法で贈りましょうね。

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140711144926 53bf7ae6c31a9

本記事は、2013年08月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る