生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 食事を済ませて夜間パスポートで節約!TDRをお得に楽しむ方法

食事を済ませて夜間パスポートで節約!TDRをお得に楽しむ方法

2013年08月05日作成

 views

パーク内のレストランは混んでいたり、費用がかかることが多いかと思います。

そこで今回は、パーク外で食事をすませ、夕方からパークに入園することで費用を節約する方法をご紹介します。

目次

ディズニーリゾート好きエピソード

大のディズニーランド好きである著者は、TDL・TDSを合わせて150回以上訪れています。子どもが小さい頃は、年間パスポートを購入して通っていた程です。

TDRにかかる料金を安くすませるコツとその詳細

夜間パスポートで入園する

平日夜のアフター6パスポートは、年齢に関係なく3300円で購入できます。大人の場合、通常の1DAYパスポートは6200円なので、2900円お得です。

食事は入園前に済ませる

園外のレストランで食事を済ませてから入園することで費用を抑え、さらに入園後の時間を有効に使います。

著者は車で行くことが多いので、新浦安のショッピングセンター内や道路沿いのファミリーレストランをよく利用します。

また、イクスピアリ内のレストランやフードコートを利用することもあります。舞浜駅にもファミリーレストランがオープンするという情報もあるので、今後はそちらもオススメです。

夜間チケットの種類

アフター6パスポート

  • 対象日:祝日を除く月~金・アフター6パスポート取扱い日
  • 値段:3300円(全年齢層均一)

対象日の午後6時から入園できるパスポートです。

なお、2013年8月31日までは、同料金で5時から入園できる「夏5パスポート」になっていっています。

スターライトパスポート

  • 対象日:土日祝日・スターライトパスポート取扱い日
  • 値段:大人(18才以上)…4900円/中人(中学高校生・12才~17才)…4300円/小人(幼児、小学生・4才~11才)…3400円

対象日の午後3時から入園できるパスポートです。なお、アフター6パスポートスターライトパスポートともに、取扱いのない日がありますので、詳しくは公式HPなどで確認してください。

メリット

イルミネーション

メリットとしては、夜間イルミネーションが楽しめる点が挙げられます。特に、クリスマスシーズンなどは、幻想的なイルミネーションが楽しめます。

予定

放課後や会社帰りにそのまま楽しむことができます。また、天候を確認してから落ち着いて行くことができるのも夜間パスの特徴です。

混雑状況

携帯電話などで当日の混雑状況をチェックしてから、行くか行かないか決めることもできます。また、他の観光地やショッピングとのかけもちができるので、混雑回避のための予定が立てやすいです。

費用の節約

先にイクスピアリや周辺のホテルなどで食事を済ませてから入園することで、入園後の限られた時間を有効に使うことができます。また、パーク内より安い飲食施設を利用することで節約することができます。

デメリット

ファストパス・アトラクション

人気のアトラクションのファストパスは、既に終了している場合があります。また、時間が短い分、アトラクションに乗れる回数が少なくなってしまいます。

感想・注意点

条件に合ったスケジュールで利用する

メリット・デメリットはありますが、その時の条件に合ったスケジュールで楽しみましょう。

例えば、夏の暑い季節に開園から閉園までいるのは体力的につらいものがあります。リピーターのかたやイベントごとの限定商品などを集めている人などは、夕方からの入園でも十分に楽しむことができます。

チケットは早めに購入する

当日やギリギリにパスポートを購入するのではなく、早めに購入を済ませておき、時間までイクスピアリなどを楽しみながらゆっくり待つのが良いと思います。

おわりに

いかがでしたか?園外で予め食事を済ませておけば、短時間でも目的を絞ることで節約しながらTDRを楽しむことが可能です。

(photo by 著者)

著者:りら

この記事で使われている画像一覧

  • 20130804162151 51fe010f0daaf thumbnail

本記事は、2013年08月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る