生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 遠距離恋愛で絆を強める3つのポイント

遠距離恋愛で絆を強める3つのポイント

2010年11月30日作成

 views

会いたい時に会える距離から、片道数時間の距離に愛しい人が旅立ってしまう・・・。遠距離恋愛は恋人達にとって本当に辛く、切ないものですよね。

遠距離恋愛になるから、それを理由に別れを選んでしまうカップルや、頑張っていたものの、遠恋が続けることが出来なくなってしまうカップルも本当に多いです。

ですが、何かの縁で好き合った二人が、そんな事で別れてしまうのは悲しすぎると思いませんか?

この記事では、関西⇔九州の遠距離恋愛を成功させ、絆をより強くした筆者が、メールのコツや独りの過ごし方など、遠距離恋愛において心がけていたポイントをお伝えします。遠距離恋愛を乗り越え、結婚したい!と思っている方必見です!

目次

ポイント1:束縛をしない

筆者カップルは、とても仕事で忙しく、休みも合わなかったため、中々会う機会を作れませんでした。こういったカップルが繋がる手段は、電話・メール・スカイプ等に限られてしまう訳ですが・・・。

ここで重要なポイントとなるのが束縛をしないということ。

会えない分、相手がどこで何をしているのかが分かりにくいのは、遠距離恋愛のデメリット。だからと言って、逐一、現状を報告させたり、その現状すら嘘ではないかと疑ってしまったら、終わりはすぐそこ。

遠距離恋愛で一番重要なのは、信頼関係の構築です。逐一の報告を義務付けるのは、相手を信頼していないから。報告された現状も、全部信じて受け入れてください。

余計な束縛を辞め、相手を信頼すれば、その姿勢は必ず相手にもつたわります。

ポイント2:趣味を作る

以前は恋人と会っていた時間が、遠距離恋愛になったことでポッカリと空く。これが遠距離恋愛でも手強い敵になります。

とくに女性に多いのですが、寂しさから浮気に走ってしまう人が多いのです。また、ポイント1で、束縛しないことを挙げましたが、そんな事したら彼に浮気されちゃう・・・と、そのポッカリ空いた時間でイジイジ考えるのも、大抵は女性。

男性も要注意で、イジイジまではないにしろ、余計な時間が出来たことで、覇気を無くしてしまったり、ここぞとばかりに遊びに出掛ける方が多いです。

そこで、重要なポイントは趣味を作る事です。

例えば、筆者カップルの場合、地元にいる彼はサーフィンを始め、遠くに行った彼女はサイクリングを始めました。彼は上達具合を彼女に報告し、彼女はサイクリングの途中で見つけた美味しいお店を報告しました。

お互いがお互いの土地で、新しい事にチャレンジしたり、新しい物に出会う。すると、お互いがお互いの土地に行くのが楽しみになります。そして、成長する相手の様子は、遠距離恋愛の励みになり、良い刺激になります。

ポイント3:お互いの性(さが)を理解する

女性の方へ

遠距離恋愛になる女性の多くは、男性が性欲の捌け口をどこに求めるのか、凄く不安になるでしょう。しかし、遠距離恋愛では、体の結びつきを強くするのは非常に困難なのは、現実です。

もし、貴女が男性が風俗に行く心理すら理解出来ないという方である場合、彼の性欲の捌け口の心配すら辞めてください。

多少なりは理解出来るという方は、彼と線引きを決めてください。自分が許容出来る範囲をきちんと伝えてください。

そして、どちらのタイプの女性も、会う時は今までで一番綺麗で可愛い貴女でいることです。

男性の方へ

遠距離恋愛をする男性の方が、肝に命じておかなくてはいけない事は、女性が浮気へとなびいてしまう大きな要素は、寂しい気持ちと不安な気持ちだということ。また、女性の性欲もゼロではありません。

その気持ちの穴を埋めてくれる人になびくため、男性の浮気より女性の浮気は重いものになりがちです。

遠距離恋愛の前に、相手が不安にならないよう、きちんと約束をしてください。また、遠距離恋愛中は、小まめに好きという気持ちを、彼女に伝えてあげてください。

彼女ではなく、貴方が何か不安になってしまった時は、強がらずに素直な気持ちを伝えて良いと思います。寂しかったり、不安になるのは、彼女も同じ。だからこそ、ちゃんと理解を示してくれるでしょう。

おわりに

存在が傍に無い人との恋愛は、物凄く大変です。すれ違うこともあるでしょう。

しかし、心を強くし、相手の事を理解する気持ち、自分を高めていく気持ちがあれば、距離は離れても、あなたの魅力は相手に充分に伝わるはず。

そして、そうして一緒に辛い気持ちを乗り越えたからこそ、二人の間には特別な絆が生まれるはずです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101129002811

本記事は、2010年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る