生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. ネットショッピングを利用するときに気をつけること

ネットショッピングを利用するときに気をつけること

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

楽天や、ヤフーショッピングをはじめとしたインターネットショッピングご存じですか。

「利用したくてもやり方がわからない」
「何度か利用したことはあるが、不安がいっぱい」

そんな方に、ネットショッピングを利用する際に気をつけることを書いてみたいと思います。

ネットショッピングってどんなサービス?

ネットショッピングは、ホームページ上で公開されている商品情報をメールもしくは「カート」というプログラムを利用して「注文」し、商品を受け取るサービスです。

楽天やヤフーショッピングなどのモール型店舗と、独立型店舗があり、利用方法がそれぞれ少しずつ異なります。

モール型店舗って?

モール型店舗とは、お店がたくさん集まって、ひとまとまりになっている店舗のことです。楽天、ヤフーショッピングなどがこれにあたります。

ショッピングカートのデザインがすべて同じで、どこのお店で買ってもポイントや、個人情報などが共有できます。

ただし、店舗ごとに運営者がちがうため、発送の手順、キャンセルの方法などは各店舗によって違います。

独立型店舗って?

お店ごとに独自で運営を行っているお店です。注文する仕組みから統一されておらず、それぞれにルールがあります。

無印良品や、ユニクロのネットショッピングなどがこちらにあたります。

注文方法のルールから、発送までの日程、手順、メールの有無、キャンセルの可否のすべてが店舗ごとに違います。

利用する時に気をつけるコトって?

このように、様々な店舗があり、いろいろなルールがあることは解っていただけましたでしょうか。それでは、実際に利用するときに気をつけることを挙げていきます。

インターネット上にある店舗がすべて同じ対応であるとは限りません

インターネット上にある店舗は、実店舗と同じようにスタッフも違えば、営業時間も違います。

ネット上は時間の感覚や、距離の感覚がなくなりがちですが、それぞれの店舗が、それぞれのルールで運営されていることを認識すれば、トラブルが未然に防げます。

納期までの日程、キャンセルの可否を必ず確認しましょう

納期までの日程、キャンセルの可否については「特定商取引に基づく表記」もしくは、「配送について」「はじめてのお客様へ」といったページに記されています。

きちんと表記されていることが第一ですが、その上で、納期、キャンセルについてはきちんと確認しましょう。

「どうしても3日以内にほしい!」

とおもって注文する際は、「7日以内に納品」と書かれている店舗であれば、できれば避けたいところ。どうしてもその店舗で買いたい場合は必ずメールで問い合わせて確認すること。イレギュラーに対応してくれるところも多くあります。注文画面で納期を指定しても、届かない、なんてことはなくなるはずです。

プレゼント商品は早めに注文する

クリスマス、お正月のある12月や入学式のある4月は特に注意!

誰かに届けたいプレゼントは、希望の日程までに着くか心配になりますね。こういっただいじなプレゼントの注文は、10日以上、できるだけ余裕をもって発注をしましょう。特に12月などは、配送業者のスケジュールも乱れがちです。

なお、お名入れや、予約商品の場合は特殊なケースと考えて下さい。余裕をもってお買い物を楽しみましょう。

必ず「確認メール」を確認してから入金する

一部特殊な場合をのぞき、ほとんどの場合は注文後、「確認メール」が届くはずです。

このメールが届くまでは、店舗は発送の準備ができていない場合がほとんどなので、入金は避けましょう。トラブルの原因となります。

店舗の規定日程を過ぎてもメールが届かない場合、

  • 迷惑メール対策が厳しすぎて迷惑フォルダに入ってしまった
  • 送信する際にトラブルがあった
  • 店舗側のトラブルやミス

が考えられますので、お店に表記されている問い合わせ先に問い合わせてみましょう。また、その際の返信先は、別のメールアドレスや、FAX先などを書き添えておくと返答を得られる可能性が高くなります。

商品到着前のキャンセルについて

注文してからすぐに配送作業にうつる店舗もあり、一度商品が到着してしまうかもしれないことを理解して下さい。その際受け取り拒否するのではなく、必ず受け取り、店舗と連絡を取ってキャンセルの旨を伝えましょう。

商品によってはキャンセルがきかないものもあります。理解した上で注文を行えば、トラブルは防げます。

どうしても商品到着後にキャンセルしたい場合

どうしても商品をキャンセルしたい場合は、店舗にそのまま送り返したり、焦ったりせずに、一度店舗に問い合わせて下さい。店舗からの指示に従って、返品作業を行いましょう。ただ送り返しただけでは、お金が戻ってこない場合があります。

特定商取引の表記にキャンセル不可となっている場合は、基本的にはキャンセルできません。注文した時点で同意したことになってしまうからです。責任を持った行動をお願いします。

おさらい

  • 特定商取引の表記などがきちんと明記されていて、納期やキャンセルの表記に同意できるか
  • 問い合わせ先のメールアドレスや、電話番号はあるか
  • 確認メールは送信されるのか
  • 確認メールの送信元アドレスがある場合は、受信拒否設定で設定を行う
  • 特殊な商品の納期はきちんと確認してから注文する
  • 店舗の連絡を待ってから次の作業にうつる
  • 商品到着後のキャンセルについては、かならず店舗の指示に従うこと

これらのことを把握していれば、ほとんどのトラブルは回避できるはずです。

それでは、楽しいショッピングライフを!

ネットショッピングは便利です。わたしもよく利用します。ルールさえわかれば、あとは簡単ですね。

楽しいショッピングライフをおくれますように!

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/10/09-351227.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120528181231 4fc3417f20046

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る