\ フォローしてね /

CAも実践!ハワイ到着日に時差ボケを解消する方法

海外旅行先で人気の高いハワイ。日本からは複数の航空会社が運行しているので、行きやすい渡航先でもあります。

常夏の島ハワイは、いつも爽やかなリゾート地ですが、忘れてはいけないのが日本との時差(-19時間)と飛行機のフライトスケジュールからくる時差ボケです。

せっかくハワイに着いても、ずっと時差ボケだったなんてことは避けたいものです。ハワイの滞在を充実させるために、客室乗務員も実践している時差の調整法をお伝えします。

機内の仮眠と到着日の過ごし方がポイント

絶対に機内で寝る

日本からの出発便は夕方から夜にかけて出発し、午前中にハワイに到着する便がほとんどです。例えばホノルル着が10時の便だと、日本を夜出発し、日本時間の朝5時に到着することになります。

海外旅行で興奮する気持ちはわかりますが、ハワイまでのフライト中はたとえ1時間でも眠ることが大切です。

到着した日に頑張って外出する

到着してホテルにチェックインした後、シャワーを浴びるのは良いですがそのままベッドで熟睡するのはさけましょう。

機内で仮眠ができていれば、頑張って外出し太陽の光を浴びましょう。もし機内で一睡もできず、どうしても仮眠したい場合は2~3時間程度で意地でも起きてください。

2~3時間で起きるのは本当に辛いので、できれば頑張って起きていましょう。

夜は早めに就寝

到着日に頑張って起きていることができたら、夜は早めに就寝しましょう。前日からの寝不足も加わり、びっくりするくらい熟睡することができます。

ここで熟睡できれば、ハワイ時間の朝にスッキリ目覚めることができ、完全に時差は解消できます。2日目からはハワイの滞在を思いっ切り楽しんでください。

おわりに

ハワイ線は客室乗務員の間でも時差がきついフライトとして有名です。1~2泊の滞在で日本に帰国しなければならない客室乗務員は到着日に頑張って時差調整しています。

到着日に仮眠のつもりが気づいたら夜、が一番怖い状態ですが、その場合も2日目の日中は頑張って太陽の光を浴びてハワイ時間に合わせてください。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。