生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. みんなの憧れ!おいしい伊勢エビを見分ける方法

みんなの憧れ!おいしい伊勢エビを見分ける方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

あまり食べる機会のない伊勢エビ。いざ贅沢をして食べようとしたときに、あまりよくない伊勢エビにあたっては悲しいですよね。

そんなことのないように、おいしい伊勢エビを選ぶ方法を紹介します。

伊勢エビの雑学

伊勢エビは、まったく寝ないでおおよそ50kmの距離を一列で移動することがあります。これは、暖かいところを求めての行動だそうです。なぜ一列になっているかというと、そのようにすると外敵から襲われにくくなるためです。

おいしい伊勢エビの選び方

旬で選ぶ

伊勢エビの旬は、秋から冬の間、10~1月がおいしいです。

地域で選ぶ

三重県の伊勢エビは特産とされているため、やはりおいしいです。身が甘く、ぷりぷりとしています。

三重県の浜島では6月の一周目の土曜日に「伊勢えび祭り」が行われます。そこではさまざまな踊りが披露されます。また、花火大会もあります。

色と大きさで選ぶ

伊勢エビは、茶色と赤の中間の色をしているものがよいです。また、大きさは小さすぎると、食べる部分がかなり少なく、大きすぎると味が落ちてしまいます。そのため、500gぐらいがちょうどいいと思います。

インパクトがほしかったり、手軽に食べてみたいときは、小さいものでも大きいものでもいいと思います。

生きたものを選ぶ

生きたものは、やはり鮮度は抜群です。冷凍のものなどと比べても、味もよくおいしいです。そのため、生きたものを買うのをオススメします。

生きたものだと自分でさばかなくてはなりません。

選ぶときの注意点

伊勢エビから腐ったようなニオイがするときは、傷んでいるので食べないようにしましょう。傷ませないためにも、伊勢エビを買ったら大切にとっておかないでできれば買ったその日に食べましょう。

おわりに

伊勢エビは、高くて普段食べられませんが、一度奮発して食べて見るのもよいのではないでしょうか。

(image:伊勢エビ料理 - 中納言 神戸ハーバーランド店。 by Kohei Katada)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130725195032 51f102f88f390

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る