生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 前後にゴシゴシしない!ブラウスの胸ポケットをキレイにアイロン掛けする方法

前後にゴシゴシしない!ブラウスの胸ポケットをキレイにアイロン掛けする方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

夫のYシャツ、著者のブラウスなど日常的にアイロン掛けをしています。折角キレイに洗ってもアイロン掛けで生地がよれたりシワになってしまっては残念ですね。

ここではシャツの胸ポケットをキレイにアイロン掛けする方法を紹介します。

道具

  • アイロン:Hmilton Beach社・ Proctor-Silex
  • アイロン台
  • 霧吹き

使用する服について

  • カテゴリー:ブラウス
  • 素材:麻
通常の麻素材は高温「180ー200℃」で掛けますが、このシャツは表示に従って低温「110ー140℃」で掛けています。

アイロンのかけ方

STEP1:服をアイロン台にのせる

洗濯物が乾いたら、前ボタンを外しポケットの付いている身ごろをアイロン台にのせます。

STEP2:霧を吹く

ブラウスをアイロン台に乗せ、ポケット部全体に霧吹きを数回かけます。

ポケットが水を含んでいることがすぐに分かるぐらい多めにかけましょう。

STEP3:手で軽く引っ張り形を整える

ポケットの縫い目に沿って軽く引っ張り形を整えます。

STEP4:アイロン掛け

アイロンが設定温度になったらピーッと音がするので、ポケットの下から上への一方向に軽くプレスするように掛けます。アイロンを浮かして元の位置に戻して同様に繰り返して掛けます。

アイロン掛けが終わったらハンガーに掛けて風通しの良い所で陰干しして乾かします。

前後にゴシゴシ擦るとしわになります。

心がけるべきポイント

洗濯表示でアイロン掛けの注意事項(適温など)を確認します。

アイロン掛けは前後にゴシゴシしたり、ジグザグに動かすと生地がよれてシワになり易いので、一方向に軽くプレスするような感じで掛けます。

おわりに

いかがでしたか。ここではシャツの胸ポケットをキレイにアイロン掛けする方法を説明しました。コツを覚えると早くキレイに仕上げられるようになり、アイロン掛けも楽しくなります。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130725160153 51f0cd61e569c
  • 20130725010859 51effc1b8040b
  • 20130725012554 51f000124b40c
  • 20130725014348 51f00444a482d
  • 20130725014417 51f00461df7da
  • 20130725013249 51f001b132086
  • 20130725012717 51f0006542105
  • 20130725013510 51f0023e76bfa
  • 20130725013805 51f002ed2b8ae

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る