\ フォローしてね /

遺品の正しい処分の仕方

人が亡くなると、沢山の遺品を処分しなければなりません。その中には、どうすればいいか悩む物も沢山あります。

そこで遺品の処分の仕方をいくつか書き出してみました。

入れ歯

年齢を重ねた方がなくなると、コレの処分に困りますよね。

何ゴミだろう?
と、いう疑問がまずくると思います。

でも入れ歯は、ゴミで処分するのではなく、寄付することが出来ます。金属がついていることが前提になります。

  • 歯にかぶせた金属
  • 歯に詰めた金属
  • 歯と歯をつなぐ金属 など、入れ歯に使われている金属は資源として活用できます。

入れ歯を寄付する活動は始まって間もなく、回収先は先々増えていくと思います。回収先については、実際に必要になったときに検索してみた方がよいと思います。

  • 入れ歯
  • 不要
  • 寄付 などのキーワードで検索してみて、回収先を探してみてください。

金歯

見た目に難があっても金は金ですから、捨ててしまうのは勿体無いです。取ってある金歯を見つけたら、金の買取をしているお店に売りに行きましょう。

金歯も金ですから買取の対象になります。

義歯だけど素材が分からない場合も、お店で見てもらえば分かりますから、捨てるのは見てもらってからでも遅くないと思います。

アクセサリー

アクセサリー類は、貴金属かどうか素人が見ても判断に困りますよね。アクセサリー類も、まとめて貴金属の買取をしているお店に持ち込んでみましょう。お店の方に見てもらえば価値があるかどうか分かります。

電化製品や家具

自治体からごみ収集についての書類が各家庭に配られています。自治体や物によっては、自治体の処分場で無料、あるいは安価に処分できます。

迷ったときには地域のゴミ処分場に問い合わせれば、処分の仕方を教えて貰えます。

衣類

大量に出ますから、まだ使えるような物は、リサイクルショップに持ち込むなどして、まずは数を減らしましょう。綺麗な物は、形見分けとして親しい方に貰ってもらうのも手です。

おわりに

自分の物ではないので全て捨ててしまいたくなる場合もあるでしょうが、リサイクルできる物は極力リサイクルするようにしましょう。

ゴミは少ない方が、環境にも、お財布にも優しいです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。