生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. こんなことで盛り上がる!100均グッズを使った遊び3つ【紙皿編】

こんなことで盛り上がる!100均グッズを使った遊び3つ【紙皿編】

2014年04月14日更新

 views

お気に入り

はじめに

100均グッズを使って遊びませんか?
100円だからと言って使い捨てにするのはもったいないし、遊んだり、工作したり、アートしたり、実験したり……何度も使えるといいですよね。

今回は『紙皿』
ひとつの100均グッズで3つの遊び方!!をご紹介します。
 1:水がコロコロ!? 転がしてみよう!
 2:自分だけのハンドルで、レーサーになろう
 3:たくさんの模様を描こう!

こんなことで?と思うような遊びですが、子どもは大盛り上がりしますよ。

1:水がコロコロ!? 転がしてみよう!

簡単なので2~3歳のお子様でもできます。

STEP1:紙皿に水をたらす(耐水耐油紙皿を使っています)

STEP2:紙皿を傾けたり、揺らしたりして水玉を転がす

水は水玉となって転がります。くっついて大きくなったり、離れて小さい粒がたくさんできたり、その不思議な形状に釘づけです。大きな葉っぱなどで同じような遊びができますが、水玉がこぼれ落ちてしまい上手に遊べません。紙皿ならこぼれ落ちしないし、平面なので絵だって書けます。

色水を使う際は、小さいお子様が誤飲しないよう、充分注意して下さい。

2:自分だけのハンドルで、レーサーになろう!

3~4歳のお子様向けです。

STEP1:紙皿を切り抜く(写真参照)

STEP2:ハンドルにして遊ぶ

持っただけで運転手。走ればレーサー。テーブルの周りはサーキット場になります! ダンボール箱にハンドルをくっつけると、車が完成します。

紙皿を切り抜く際は、刃物で怪我をしないよう十分注意して下さい。

3:たくさんの模様を描こう!

少し難しいので5~6歳のお子様向けです。

STEP1:形を切り抜く

STEP2:絵具をしみこませたスポンジを用意する

STEP3:紙に紙皿を置き、切り抜いた部分をスポンジでたたく

自家製ステンシル(型染め)です。皿の縁部分が浮いているので、置いたり外したりすることが容易にできます。好きな形や文字を切り抜いて、模様をたくさん描いてみましょう!

絵具をスポンジにしみこませる際、余分についた絵具は拭き取りましょう。絵具が多いと、型からはみ出てしまい、うまく描けません。

おわりに

お安くお得におもしろく!
ひとつの100均グッズで3つの遊び方……いかがでしたか?
ぜひやってみてください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130801122356 51f9d4cc06226
  • 20130725003430 51eff406703af
  • 20130725010917 51effc2d4b6fe
  • 20130725012105 51effef104b6b
  • 20130725012414 51efffaed005f
  • 20130725014327 51f0042fd9c74
  • 20121130144441 50b847c97fd9f

本記事は、2014年04月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る