生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 大胆にレイアウト!冷蔵庫の収納・片付け術

大胆にレイアウト!冷蔵庫の収納・片付け術

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

冷蔵庫、買ってきたまま使ってませんか。一応物は入るということで、段をそのままにしていたり、大きいものを入れるのをあきらめていませんか?

考え方を変えて使える冷蔵庫にカスタムしましょう。するとあら不思議。収納力も冷却力もアップします。

長い野菜に包丁を入れると、そこから痛んできます。できればまるっと収納したい。そんな思いからこの収納法に行き着きました。

大胆レイアウト収納のやり方

1:棚を全部外す

ある程度は可動式になっていますが、意外と最初に設定されている棚の高さだと使いにくい事があるので、うちでは全部外してます。

そうすることで、食べ物を縦に入れることができ、なにがどこにあるかもすぐにわかります。

仕切り棚を取った事で詰め込み防止になり、冷蔵庫がよく冷えて一石二鳥です。

2:野菜は生えてる方向に入れる

ただ縦に入れれば良いという訳ではありません。野菜は必ず根を下にして収納しましょう。こちらの写真のように、大根も葉野菜も、必ず根が下です。

そうすることで野菜が倒れず、きちんと整理することが出来ます。

3:ドアポケットに仕切りを作る

ドアポケットには仕切りを作りましょう。

著者宅の冷蔵庫では、ドアポケット部分にヨーグルトの空き箱を入れて、ドアポケットを間仕切りしています。そうすると、チューブ入りの調味料が倒れて取りづらい、という事が無くなります。我が家の冷蔵庫だと、ヨーグルトの空き箱二つでぴったりです。

チューブ入りの調味料の類は、口を下に全部縦に収納します。そうすることで使う時に中身が出てきやすくなり、最後まで使い切るのが楽になります。

どうしても収まらない場合

それでも棚も欲しいと言う人は、市販のラックを入れれば縦長を残しつつ使えます。

おわりに

冒頭の写真では、冷蔵庫の中に業務用冷蔵室に張ってあるようなビニールシートが貼ってあります。

ビニールシートを貼ることで、ドアを開けても冷蔵庫内の冷気が逃げにくく、省エネに繋がるのでオススメです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130714072921 51e1d4c1dd010
  • 20130716095424 51e499c07e229
  • 20130722035002 51ec2d5a8d0cb

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る