生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. お互いが納得のいく品物を用意しよう!結納返しの選び方

お互いが納得のいく品物を用意しよう!結納返しの選び方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

結納には地域や家の考え方によって、やり方や作法があります。仲人を立てての結納を行う正式結納、仲人を立てずに両家が集まり結納を交わす略式結納がありますが、著者は後者の略式結納を行いました。

略式結納で用意した結納返しの選び方をご紹介します。

結納返しの品物

著者は結納返しの品物としてスーツを選びました。内訳は礼服、夏服、冬服のスーツ3着です。すべてオーダーメイドで用意しました。

スーツを選んだ理由

礼服は年齢的にも着る機会が増えてくるため、スーツは主人の仕事柄年に20回程度しか着る機会がなく、きっちりとしたものを用意したかったからです。

品物を選ぶにあたって相談した人

まず著者の両親に相談したところ世間一般的にもおかしくないし、今後着る機会が増えてくるためスーツが良いのでは、とアドバイスしてくれました。次に主人の両親に相談したところ同じような回答をしてくれました。

おわりに

いかがだったでしょうか?両家の両親に相談して、皆の納得する品物を選んで良かったと思います。

これから結納を迎えられる方は準備などで忙しいかと思いますが、お互いに納得のいく品物を用意できたらいいですね。良い結納の日を迎えられますように。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130718233837 51e7fded6ab87

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る