生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. ノンアルコールビールが好評。通夜ぶるまいのメニューを選ぶときのポイント

ノンアルコールビールが好評。通夜ぶるまいのメニューを選ぶときのポイント

2013年07月18日作成

 views

通夜ぶるまいとは、お通夜に駆けつけてくれた方に対して、感謝の意味で参列者に食事をもてなすものです。ここでは通夜ぶるまいのメニューについて紹介します。

葬儀について

  • 故人:義父
  • 喪主:義母
  • 場所:斎場
  • 参列者:会社関係、親族で100名ほど

通夜ぶるまいのメニューを選ぶときのポイント

ポイント1:手軽につまめるもの

通夜ぶるまいの時には一人一人に膳を出すのではなく、大皿、オードブルのように手軽につまめる物がいいです。

著者は、天ぷら、から揚げ、枝豆などをオードブルで頼み、他におにぎり、お寿司を頼んでおきました。

参列者が好きなときに入退室しやすく、いろいろな席に移動でき、故人との思い出を語りやすくするためです。

ポイント2:お酒、ジュース、お茶

お酒はビール、清酒のほかに、ノンアルコールビールを用意しました。ジュースはオレンジジュース、お茶はウーロン茶を2リットルのペットボトルで用意しました。ペットボトルの方が、余っても欲しい人に持ち帰ってもらったり出来るためです。

また、通夜には車で来る方が多いことから、ノンアルコールビールも用意しておきました。

ポイント3:おつまみは小袋のスナック

お酒のつまみにつまめるようなピーナッツや柿の種のようなお菓子を用意しました。

この場合、小袋わけされているものを選ぶようにします。その方が出席した方も取りやすいです。

おわりに

ノンアルコールビールは意外に好評でした。是非参考にしてみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130422172215 5174f33738733 thumbnail

本記事は、2013年07月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る