\ フォローしてね /

たったふた手間でできる排水溝の汚れ落とし・消臭法

このライフレシピのもくじたたむ

年末も近づき、大掃除の時期も近づきました。

よく使う水回り(主にステンレス)を、日常的に清潔に保てる「たったふた手間でできるお掃除・消臭法」をご紹介します。

用意するもの

肌が弱く、手が荒れてしまう人はゴム手袋などをしてケアをきちんとしておきましょう
  • 重曹

生ゴミやペットのトイレの消臭などにも使えますね。

  • クエン酸 これも簡単に手に入ります。レモンと同じで料理に足したりできますが、重曹と一緒に使うことでお掃除の手間が一気に省けます。

あとは、渇いたふきんやスポンジなどがあればOKです。

あまり汚れが気にならない時は水にクエン酸を足したものをスプレーするだけで十分です

やり方

クエン酸は酸性のため、塩素系ものと併用すると大変危険です。重曹はアルカリ性なので大丈夫ですが、一緒に使用しないように気をつけましょう

排水溝の汚れを浮かして取る

まず水あかやにおい・汚れの気になる部分に重曹、さらにクエン酸を適量ふりかけます。(1:1でもOKですが、中性になってしまうので調整して入れましょう)

細かい目につまった汚れをとるためにも、排水溝周りにまんべんなくかけましょう。

 水道水をかける

上の2つに水を足すと二酸化炭素が発生し、発泡していってよごれや水アカも一緒に浮かせて取ってくれます。あとは浮いた汚れを落とすだけ。

これだけできれいになる理由

  • 菌の繁殖を抑える
  • 消臭

(クエン酸の抗菌・消臭作用に、重曹を合わせて使うことで清潔さを保てます。また微生物の繁殖、気になるにおいも防ぐので、キッチンやトイレ掃除には積極的に利用できます。)

応用

生ごみやペットのトイレ周りのにおいが気になる時は、重曹を適量ティッシュなどに包んで置いておくだけで、だいぶすっきりにおいが取れちゃいます。

おわりに

とても簡単ですね。同じ容量でお風呂やトイレの消臭・消毒にも応用できるのでやってみましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。