生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 日差しをシャットアウト!お手軽で簡単なすだれの設置方法

日差しをシャットアウト!お手軽で簡単なすだれの設置方法

真夏の強い直射日光を防ぐためには、ジャパニーズスタイル「すだれ」の設置がおすすめです。こちらの記事では、自宅で簡単にすだれを取り付ける方法をご紹介します。一軒家の軒先はもちろん、マンション住まいの方でも大丈夫!日差しや照り返しをシャットアウトすることで室内の温度上昇も防げるので、エアコン代の節約にもなって一石二鳥ですよ〜!目にも涼しい日本ならではの文化「すだれ」、ぜひ取り入れてみてください!

2013年07月12日作成

 views

お気に入り

長くて大きなすだれは、上からの暑い日差しだけを防ぐだけではなく、下からの照り返しも防いでくれます。手軽にベランダに設置できれば、夏の間は快適に過ごすことができますよね。

ここでは、このようなすだれをクリップを使って簡単に設置する方法をご紹介します。

目次

すだれ設置の準備

必要なもの

  • すだれ:幅88cm、長さ190cmを3枚
  • 結束バンド:すだれ1枚につき4本
  • クリップ:すだれ1枚につき2個
長いすだれがない場合、110cmと80cmあたりのものを結束バンドで繋ぎあわせたものでも構いません。

設置場所

上からの直射日光だけを防いでも、隣の家の1階の屋根と近い場合、その屋根の照り返しによって暑さを感じることもあります。その場合にも長いすだれは便利です。

すだれの設置方法

ポイント1:クリップで止める

すだれに結束バンドを付けます。さらにもう一つの結束バンドをクリップの穴と、すだれに付けた結束バンドを通して止めます。あとは、設置したいところにクリップで止めるだけです。

折れ釘などを取り付ける場所がなくても、クリップで手軽に設置出来ます。中サイズのクリップは結構しっかりとしているので、長いすだれでも留められますよ。

ポイント2:柵の外側に掛ける

窓近くではなく、ベランダの柵の外側に掛けます。設置は窓近くに取り付けますが、すだれはそのまま下にではなく、外側のベランダの手すり全体を覆うようにかけます。

紐を使わず、結束バンドを使いましょう。紐の長さを調節する手間もなく、結束バンドの引っかかりをいくつめかを合わせるだけでかなり丈夫ですよ。

すだれの効果について

ベランダを包み込むようにすだれを掛ければ、隣家の屋根の照り返しだけでなく、ベランダの床自体の照り返しも防げます。

もちろん、一軒家の場合でもすだれはとても効果的です。すだれを設置する前は、部屋に入ってくる風が熱風に近かった・・・というようなことも、設置後は幾分か涼しく感じるかと思います。

すだれを利用してエコに涼しくなろう!

すだれは窓の近くに掛けるより少しでも離した方が、温度の上昇が抑えられます。部屋の中の温度感が全然違いますよ。

ジャパニーズスタイルでより風流に涼しさを堪能できると思うので、ぜひ参考にしてみて下さい。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130712173157 51dfbefd94e29
  • 20130712173349 51dfbf6df14f5

本記事は、2013年07月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る