生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夏の結婚式に黒のドレスを着ていき失敗した体験談

夏の結婚式に黒のドレスを着ていき失敗した体験談

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

夏になると天気も良く晴れることが多いですし、結婚式が冬よりしやすい季節になります。結婚式に呼ばれることも多くなることでしょう。

そんなとき、どのようなドレスがいいのかまよってしまいますよね。筆者の失敗談から、ドレスを選ぶ際のポイントをお教えします。

招待された結婚式の詳細

著者の大学時代の友人の結婚式で、2011年の6月に行われました。参列者は、親族以外は主に、20代が多いと感じる、少し若い世代の結婚式でした。

着ていって失敗したドレスの詳細

黒のドレスを着ていきました。素材は、ポリエステルでした。夏にこの素材は向いていて、涼しいものでした。丈は、150cmの筆者のひざが隠れる程度で、ちょうどよい長さでした。

教会での挙式があり、昼間の披露宴だったので、ノースリブの上にボレロを羽織りました。

ドレスに関する失敗経験談とその理由

夏の結婚式ということで、女性の参列者のドレスは明るい色であったり、柄があったりと、華やかなドレスを着ている方が多かったです。そのため、ドレスの色が黒、ボレロも黒ということで、著者の服装は地味でした。

結婚式後に、招待された友人から見せていただいた集合写真や、カメラマンが取ったランダムな写真には、明るい色のドレスや華やかな柄の参列者の方々が…。

以前、冬の結婚式に同じドレスを着ていったときには、黒のドレスを着ている方も何人かいらっしゃったので気になりませんでした。

季節も考えてドレスを選ぶ必要があると思い知らされました。

夏の結婚式にドレスで行こうとしている方へアドバイス

夏の暑さを見た目から軽減する、涼しげな素材物のものを着用することがよいでしょう。そして、色がはっきりした明るい色のドレスが、華があり季節にも合っていると思います。

また、披露宴会場では冷房がきいていることが多いので、夏であってもショールやボレロなどの羽織ものがあると安心です。

また、羽織ものは夏はファー素材のものではなく、透明感があるものや、ゴールド・シルバー・ベージュなどの薄めの色を選ぶと、より涼しさが増します。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ゲストの服装が、新郎新婦の集合写真に華を添えることにもなります。

お祝いする気持ちとともに、ゲストとしてきちんとしたドレスコードで参列しましょう。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130711224454 51deb6d649a9b
  • 20130711224743 51deb77f5dc7e

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る