生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 堂々と明るくアピール!一目惚れした年上男性と付き合うことができた体験談

堂々と明るくアピール!一目惚れした年上男性と付き合うことができた体験談

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

恋愛とは普通、相手の中身を知ってから始まるものですが、見た瞬間に好きになってしまう一目惚れから始まる恋愛もあります。

著者は過去にその経験があるので、今回この記事では一目惚れした男性との恋愛を成就させた体験談をご紹介します。

好きになった男性との関係

当時著者は高校性で、彼は大学生でした。彼は一見そっけない感じなのですが、中身はとても優しい人でした。一方で著者は、とても積極的で行動派な性格をしていたと思います。

高校生になって通うようになった通学路は彼の大学への通り道だったので、朝学校に行く途中、彼を初めて見たときドキドキが止まらなくなり、一目惚れしました。

一目惚れから片思いになった時のエピソード

初めは一目惚れでしたが、どんどん彼のことを知りたい、話してみたいと思うようになりました。彼を見かける度にそのドキドキは大きくなっていきました。

彼を気になりだしてから毎朝彼に会うことが楽しみになっていて、学校でも家でも彼のことばかりを考えるようになっていました。

アドレスを渡す

ある日、思い切って彼に会った時に「あの、突然ですいません!いつもいいなと思って見ていました。これ私のアドレスなんですけど、よかったらメールください!」と彼にアドレスを書いた紙を渡し、その場を去りました。

今思えばとんでもない行動だったと思います。突然知らない相手からこんなことを言われても困ると今なら分かるのですが、この時は若さゆえにそんなことは考えていなかったのだと思います。

彼からの返事

その日の夜に彼からメールがきて、メールには「突然のことでびっくりしたけど、なんか面白い子だなと思ってメールしてしまいました。そういえば名前もお互い知らないよね?俺は○○○○で大学2年。君は?」と書いてあり、好印象を持ってくれた様子でした。

その後はお互いのことをメールで教え合い、電話で話したりするようにもなりました。そしてやっぱり彼のことを好きな気持ちは変わらなかったので、それははっきり片思いに変わっていきました。

彼へのアプローチ方法

朝会うときも彼の時間に合わせて、途中まで一緒に行くようにしたり、その際は「これ作ったからよかったら食べて!」と言って、手作りクッキーや時お弁当を渡したりしました。

休みの日はデートに自分から誘って、映画やカラオケに行くようになりました。その際は彼に見てもらうため、服装や髪型などに気を配り、頑張って女性としての魅力をアピールするようにしました。

恋人になった方法

出会って3ヶ月経った頃、彼とデートしているときに思い切って「彼女にしてもらえないかな?」と告白しました。すると、「俺、女の子が喜ぶことってよく分からないから、退屈な思いさせるかもしれないけど、それでもよければよろしくお願いします」と言われ、まさかのOKをもらうことができました。

その後は今まで以上にデートするようになり、順調に交際を続けていきました。

一目惚れだからこそ気をつけるポイント

一目惚れした本人は舞い上がっていても、相手はその想いなど全く知らないわけです。なので想いを伝えるにしても、もじもじしたり、遠くから見ているだけのような消極的なやり方は避けましょう。

そういうやり方では、逆に気味悪がられたり、警戒されてしまうので、アタックするときは明るく堂々といくようにしましょう。

一目惚れした相手とうまくいきたい方へアドバイス

「一目惚れ」に対する考え方

一目惚れは相手の中身を知らずに、その容姿だけを見て好きになってしまうことですが、それも立派な恋愛の1つです。容姿を好きになることは、相手の中身にも惹かれる何かがあるという可能性が高いのです。

恋愛にはタイミングも大事なので、もたもたしていたら逃してしまいます。一目惚れだから「これは本当の恋か」と疑問に思う必要はなく、自分の気持ちの通りに行動してみましょう!

とにかく行動

大切なのは、とにかく行動することです。「当たって砕けろ」という言葉があるように、失敗したっていいという気持ちで相手にアタックしていきましょう。

アタックの仕方は自分なりの方法でいいと思います。ありのままの自分を見せていき、それを受け入れてくれた相手なら、きっとうまくいくと思います。

おわりに

いかがでしたか?著者の体験記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130709060348 51db29342e023

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る