生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 手羽先も少ない油で揚げられる!揚げ焼きの方法

手羽先も少ない油で揚げられる!揚げ焼きの方法

2013年07月08日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

揚げ物は、油をたくさん使うのでカロリーも気になるし、後片付けも大変ですよね。しかし、「揚げ焼き」なら少ない油で簡単にあげものができてしまいます。

今回は鶏の手羽先を使って、揚げ焼きのやり方をご紹介します。

用意するもの(2人分)

  • 鶏手羽先 6本
  • にんにく醤油 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • 小麦粉 大さじ2
  • ビニール袋
著者宅では自家製のにんにく醤油を使います。なければ醤油とにんにくのすり下ろしを混ぜた物で代用できます。にんにくの量はお好みで調整してください。

手羽先の揚げ焼きのやり方

STEP1:手羽先の下処理をする

手羽先は、関節に包丁を押し当てて先を落とします。

次に裏側から包丁の先を使って骨と骨の間に切り込みを入れます。こうすることで味がしみやすく、火の通りも良くなります。

切り落とした先は今回使いませんが、スープのだしなどに利用できます。

STEP2:手羽先に下味を付ける

処理した手羽先とにんにく醤油、酒をビニール袋に入れて、空気を抜くように口をしばります。このまま冷蔵庫で半日から1日ほどおいておきます。

STEP3:小麦粉をまぶす

手羽先をビニールからだし、水分をキッチンペーパーなどで軽く拭き、薄く
小麦粉をまぶします。

水分を切った手羽先と小麦粉を新しいビニールにいれて、空気を入れて膨らましてビニールを振ると均一に粉をつけることができます。

STEP4:フライパンに油を引く

直径20cmのフライパンに5mmから1cm深さに油を入れて、中温(170度くらい)に熱します。

小麦粉を少し落としたとき、少し沈んでから表面にあがってくるくらいになったら中温です。

STEP5:手羽先に火を通す

手羽先を、皮を下にしてフライパンに入れます。中火でこんがり色が付くまで揚げ焼きにします。

色がついたら裏返し、中まで火を通すため蓋をして5分ほど揚げ焼きにします。

フライパンの中の温度が上がりすぎないように、蓋をしたら弱火にして下さい。

STEP6:蓋を取り強火で仕上げる

火が通ったら最後に蓋をとり、強火にして手羽先の上下を返しながら1分ほど揚げます。最後に強火にすることで皮までかりっと揚がります。

上下を返して、手羽先を空気に触れさせることでかりかり食感が生まれます。

完成

少ない油でも充分かりっとした唐揚げができます。油跳ねも少なく、片付けも簡単です。

おわりに

今回は手羽先を使いましたが、もも肉などにも応用できます。薄いものであれば蓋をする必要もありません。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130707194958 51d947d601946
  • 20130707195115 51d948230e145
  • 20130707195036 51d947fc510cf
  • 20130707195200 51d94850a1c54
  • 20130708122529 51da3129e20d6
  • 20130708122429 51da30eddd5a4
  • 20130708122601 51da314962250
  • 20130707194958 51d947d601946
  • 20130707195858 51d949f271c51
  • 20130708180047 51da7fbfb92a1
  • 20130707195944 51d94a20a26b8

本記事は、2013年07月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る