生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 思っている気持ちをそのままに!手紙で告白する際のポイント

思っている気持ちをそのままに!手紙で告白する際のポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは今までラブレターを書いた経験がありますか?今はメールで何でも伝えられる時代なので、昔に比べたらぐんと減ってきていると思います。しかも学生ならまだしも、普通に社会人として働くようになってから相手にラブレターで想いを伝えることなんて滅多にないと思います。

そこで今回は著者の体験をもとに、大人になってからラブレターを書くときのポイントを紹介していきたいと思います。

当時の恋愛事情

これは今から約5年前のことで、著者はその当時20代前半で会社員として普通に働いていました。その頃は合コンを頻繁に行っていた頃で、まだ特定の彼女はいませんでしたが、ある時いつもの合コンで気になる女性に出会いました。

今までにいなかった真面目なタイプで、見た目もメガネをかけていて黒髪で地味な感じでしたが、笑顔がとてもかわいい人でした。仕事は保育士をしているとのことでした。

実際のエピソード

告白する前の行動

著者は合コンに行ったら気に入った女性には積極的に連絡先交換を申し出るのですが、彼女にも同じように申し出たところ「でも、私そんなマメにメールするほうじゃないから」とやんわり断られてしまいました。

彼女は見た目同様中身も真面目な人で、簡単に男性には連絡先を教えないのだと思いました。しつこく聞いても余計警戒されるかなと思ったので、その後は彼女との会話を楽しむようにしました。

会話の内容は保育士なだけに、子供の話題中心でした。著者も子供は好きなので二人で盛り上がって会話ができました。

その会話の中で、よく幼稚園の子供から手紙をもらうことがあるそうで、それがとても嬉しいという話をしていました。そして、自分自身も手紙が書くのが好きで、手紙をくれた子には必ず返事を返しているとのことでした。

著者はそれを聞いて軽いノリで「じゃあ俺も○○ちゃんに手紙書いてみようかな」と言うと「本当?書いてくれるなら嬉しいよね」と言ってくれました。

彼女も冗談のつもりだったのかもしれませんが、著者は「手紙で想いを伝える手もあるのか」と本気で思い、手紙で告白しようと考えました。

告白をしたシチュエーション

会話の流れで彼女の勤める幼稚園の場所は把握していたので、夕方に直接幼稚園まで行って渡そうと思っていました。ですが、帰りの時間帯で子供のお迎えで混雑していて人目も気になったので、近くにいた保育士さんに「これ○○先生に渡してもらえませんか?」と言ってその場をすぐに去りました。

手紙の内容は、

この前の合コンであなたと話していてとても楽しかったし、あなたの笑顔に惚れました。よかったら付き合ってもらえませんか?

という短い内容の手紙でした。

相手の反応

著者は手紙の最後に自分のアドレス番号も住所も書いておいたのですが、返事は手紙で家に送られてきました。

彼女からの手紙は、

この前はお手紙ありがとうございました。そんなふうに思っていてくれたなんてとても嬉しいです。

ただ、やはり今は仕事が楽しいし、男性とお付き合いするということはあまり考えることができません。

でも、またいつでもお手紙くださいね。

という内容でした。結果的にはフラレてしまいましたが、自分の想いは彼女に伝えることができたので満足しました。

その後

その後、彼女とはそれ以来連絡をとっていません。手紙のやり取りもありませんでした。

変な話かもしれませんが、想いを伝えることができただけで十分だと思いました。最初から付き合うことは望んでいなかったのかもしれません。今となっては、いい思い出として胸にしまっているという感じです。

注意するポイント

大事なのは気持ちを伝えることです。なので前置きの文章や関係のない言葉はいらないと思います。

文章の冒頭に「好きです。付き合ってください」と入れてしまってもいいと思います。そして短く簡潔に書きましょう。その方がストレートに相手にも気持ちが伝わると思います。

おわりに

上手に書かなくていいと思います。今自分が思っていることを、そのまま文章にして伝える、それだけです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130705151330 51d6640a363af

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る