生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 寝る時は温かくして!寝袋の使い方

寝る時は温かくして!寝袋の使い方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

学生の頃はソフトな山登りのクラブ(山岳部ほどハードでないハイキング程度の山登りを楽しむ会)に所属していたので、テントを張ったり寝袋で寝たりする生活を何回か経験しました。

結婚してからは、車でキャンプ場に行ってテントを張って自炊したりして、家族でキャンプを楽しんでいます。

ここでは寝袋の使い方を紹介します。

所有している寝袋

  • ブランド:Coleman、コストコで購入
  • 形状:封筒型
  • サイズ:83cm×190cm
  • 素材:ポリエステル
  • 重量:1.8kg
  • 購入日:2009年
  • スペック:最低使用温度は5℃くらい(春から秋用に使用)、ファスナーが内側からも開けられる。

使い方

テントを立て終わったら中に寝る場所を作ります。

STEP1:コットまたはウレタンエアーマットを敷く

地面に直接横たわると小石が硬かったり痛く感じます。また地面に体温が奪われ寒く感じます。なのでコットまたはウレタンエアーマットを下に敷きます。

コットは折りたたみ式なので組み立てます。

STEP2:寝袋を広げる

コットまたはマットの上に寝袋を広げファスナーを上部少し開けて中に入ります。枕はリュックのボトムのクッションを利用するか服を畳んで使うか、車で行く場合は小さい枕を持って行きましょう。

コットは重さが9kg有るので車で行く時に限ります。登山にはウレタンマットが軽量でコンパクトに丸める事が出来るのでお勧めです。

コットについては以下のサイトを参考にしてください。

Colemanのコットの詳細はこちら

寝るときの服装

トップはストレッチ素材のシャツに厚手でないウールのセーターとフリースのベストを着ます。暑ければ脱げるような重ね着がお勧めです。コットやマットを敷いても背中が痛むのでフリースのベストが和らげてくれます。

ボトムはジャージが温かくて動き易いです。靴下はパイル地がソフトで温かです。携帯用使い捨てカイロがあると温かいです。

それでも寒いときは熱を逃がさないように、毛布を寝袋の上にきっちり隙間が無いように巻き付けるようにします。狭いテントに人とくっついて眠ると結構温かいです。

おわりに

いかがでしたか。ここでは寝袋の使い方を紹介しました。装備をきちんとして安全で快適なキャンプを楽しんで下さい。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130706150247 51d7b3078d8b2
  • 20130706135255 51d7a2a76f238
  • 20130706143426 51d7ac626fd12
  • 20130706143731 51d7ad1bda009
  • 20130706144944 51d7aff8704d3
  • 20130706145057 51d7b04111dfc

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る