生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 写真を見てびっくり!夏の結婚式のドレス選びでの失敗談

写真を見てびっくり!夏の結婚式のドレス選びでの失敗談

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

この記事では、夏の結婚式のドレス選びやコーディネートに関して、著者が失敗してしまった体験をもとに、失礼の無いドレスの選び方をご紹介したいと思います。

招待された結婚式の詳細

中学校からの友人女性の結婚式で、2000年の7月に行われました。

お相手の男性が他県の方で、ご実家方面で挙式となったため、遠方の招待客は式場のあるホテルに手配していただき、前日の夜に一泊することになりました。

列席人数は200人以上で、式場は豪華な花で彩られていました。

着ていって失敗したドレスの詳細

著者が夏の結婚式に着ていったドレスは光沢のある生地のAラインで、色は薄いイエローでした。

ドレス自体は袖が無いのですが、薄い生地のボレロがセットになっていて、フォーマルな場にも着ていけるタイプのものです。

アクセサリーは金とパールカラーのシンプルなネックレスなどを合わせました。

ドレスに関する失敗経験談とその理由

それまでフォーマルな場に行くとき用に着ていたのは、黒いドレスに光沢のあるストールという組み合わせでしたが、夏なので明るい色にしようと思いました。

花嫁とかぶる白がNGなのはもちろん知っていたので、ブルー・ピンク・イエローとあった中からイエローを購入しました。

挙式中マナーに関する問題を指摘されたりといったことは無かったのですが、後日、演出で照明が暗くなっている時にフラッシュを当てた状態で撮影された写真を見ると、著者のドレスが白く写っているものがいくつかあってびっくりしました。

写真だけ見た人には、非常識な招待客がいると思われてしまったことでしょう。そういった理由で、パステルカラーのドレスを結婚式に着用するのはやめました。

夏の結婚式にドレスで行こうとしている読者へのアドバイス

夏の結婚式だからといって、薄い色のものを着て思わぬ失敗をしてしまいました。写真は後々まで残るので、結婚式に着ていくドレスを選ぶ際には少し色味の強いものにしたほうが良いでしょう。

例えばイエローですと、水仙の花ぐらいの濃さがあれば白っぽくは写らないようです。シンプルなウエディングドレスも好まれているので、デザイン的に目立ってしまうことも避けたいものです。

おわりに

結婚式の主役は新郎新婦なので、参加する際の服装は失礼の無いようにきちんと調べておきたいですね。

(Photo by著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130701185354 51d151b2468c9

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る