生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. シートを一枚入れるだけ!洗濯時に静電気を防ぐ仕上げの方法

シートを一枚入れるだけ!洗濯時に静電気を防ぐ仕上げの方法

2013年07月03日作成

 views

冬場マフラーやセーターを脱ぎ着する際、バチバチと静電気が起こるの嫌ですよね。洗濯の仕上げ方法次第で、そんな静電気を抑えることができます。

ここでは、洗濯時の静電気防止の仕上げ方をご紹介します。

目次

静電気防止の仕上げをするとよいアイテムの見分け方

フリース(ポリエステル)やウール素材のものなど、ふわふわと柔らかく毛羽立ちやすいアイテムに行なうと効果があります。

用意する道具

  • 乾燥機用柔軟シート
  • 乾燥機

「乾燥機用柔軟シート」は乾燥機に衣類と一緒に入れて乾燥させるだけで、衣類を香り良く柔らかく仕上げてくれる物で、静電気を防止する効果もあります。

amazonなどで購入することもできます。製品情報はコチラ

具体的な仕上げの方法

静電気が起こりやすいフリース素材のブランケットを使って、ご紹介したいと思います。

STEP1:洗濯する

ブランケットを洗濯機に入れ、洗剤を入れて洗濯します。

STEP2:乾燥させる

静電気防止の仕上げは乾燥の時に行いますので、まず洗いあがったブランケットを乾燥機に入れます。

STEP3:乾燥機用柔軟シートを一緒に乾燥機に入れる

乾燥機用柔軟シートを1枚ブランケットと一緒に乾燥機に入れます。

STEP4:低温で乾燥させる

そして、デリケート設定の低温で乾燥させればOKです。

完了

ふわふわで静電気の起きにくいブランケットに仕上がりました。

静電気を防止する仕上げをするときに注意すること

衣類の中には乾燥機を使用できないものもあります。乾燥機に入れる前に、きちんと衣類マークなどを確認してから行なってください。

おわりに

いかがでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130702130740 51d2520cdd585
  • 20130702132712 51d256a01e67b
  • 20130702123952 51d24b88cd1bc
  • 20130702131613 51d2540d07d83
  • 20130702132509 51d2562530498
  • 20130702133158 51d257be0a80a
  • 20130702133337 51d25821b08f5
  • 20130702133521 51d2588991eea

本記事は、2013年07月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る