生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 納得の行く窓の選び方

納得の行く窓の選び方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

窓にも種類はさまざまですよね。ここでは納得の行く窓の選び方を紹介します。

選んだ窓

複数のガラスが連動して開閉する窓です。網戸は内側についています。

レバーを回転すればガラス部分がナナメになり空きます。内側に網戸がついているので取り外ししやすく掃除もしやすいです。

選んだ理由

デザインが良く、通風量が調整できるのでこのタイプにしました。

その設備の選び方やポイント

総合的に判断する

ひとことに窓といってもさまざまなものがあります。見た目の印象だけでなく、入ってくる光の量、換気や通風、眺望といった面も含め、総合的に判断する必要があります。用途や設置する場所、デザインに合わせて窓を選択することをおすすめします。

著者はリビングは光を多く取り入れ外の景色もみえるようにしたいため、大きい窓を選択しました。

場所・用途に適した形を選ぶ

窓には「明かりを取り込む」という重要な役目があります。太陽の光は方角や季節により変わるので、自然な光が差し込むように明るい部屋にしたいものです。

光が一番よく入るのは天窓、壁の上部に窓を設置することで人目遮りながら光を取りこめるのが内倒し窓や外倒し窓、景色と光を同時に取り入れられるのが引違い窓やノンレール引違い窓、道路に面した部屋でも明かりを取り入れたい場合はFIX窓など、特徴や用途により使い分けましょう。

家具の大きさをイメージする

置く家具の大きさをイメージすると、窓の位置やサイズを決めやすいと思います。

大変だったこと

窓は重要な役目を持ちます。どのような形の窓にするか、どのような素材の窓にするか悩ましいことはいろいろありました。場所や用途により窓も違うのでたくさんの商品をチェックするだけでも大変でした。

やっておいてよかったこと

新築購入の際に工務店さんにカタロをかりられてよかったと思います。ゆっくり決められましたし、たくさんの商品と比較できたことが良かったと思います。

やっておけばよかったと思ったこと

子供部屋に窓が2つあるのですが、1つは部屋の上部に取り付けるタイプにすればよかったかなと思います。のちに子供部屋として使用する際に、家具が置きにくくなるのではと後悔しています。

振り返ってみて思うこと

窓の設置場所がよかったため著者宅は風通しがよく快適です。隣近所が少ないのも風が通る理由のひとつですが、適切な場所に設置でき満足しています。

おわりに

参考になりましたでしょうか。快適な生活ができるようにじっくり考えたいものです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130626094141 51ca38c57d9cc

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る