\ フォローしてね /

いざというときの新札の用意の仕方まとめ

結婚式のご祝儀やお年玉など、お祝い事には新札が必要になりますよね。披露宴前に知人や親せきに白い目で見られないよう、最低限の常識として押さえておきたいところ。しかし、通常はどこで用意するものなのでしょうか?こちらでは、そういった時に役立つ「新札を用意する方法」をまとめています。当日焦らずに済むように、銀行窓口やコンビニやホテルのフロントなど、手に入れることができる場所を一通り頭に入れておきましょう。

新札とは、使っていないキレイなお札のことを指します。結婚式のご祝儀やお年玉をあげるときなど、お祝い事の際人にお金をあげるときは、なるべく新札を用意するのがマナーとされています。

しかし、急に用意しないといけない時などに新札を用意しないといけないシーンってありますよね。

そんなときのために、いろいろな新札のもらい方を紹介します。

香典は基本的に旧札を使います。新札だと「不幸を待っていました」の意となってしまうからです。

銀行で両替をする

一番シンプルなやり方が、銀行で両替することです。銀行にいくと両替の用紙があるので、その備考欄に「新札」と書いて窓口に出すと新札で出してもらえます。

用紙を出す時に、「新札でお願いします」といっても可能です。

両替用のATMを使う

銀行で両替のATMがあれば、新札に替えることが出来るものもあるようです。これは銀行によって違うので注意が必要です。

ちなみに近所の三井住友銀行に聞いたら、ATMで両替をすれば全部新札がでますよ、と言っていました。時期や場所によっても違うケースがあるので注意が必要ですが、比較的、両替用のATMは新札が用意されているそうですよ。

郵便局で両替してもらう

新札に両替できるのは銀行だけ、と思っていた方も多いかもしれません。以前はできなかったようですが、民営化し「銀行」になったから?かもしれません。

窓口で「新札に両替したいのですが」と言えばOK。

場所によって郵便局のサービスが違うようですので、近くの郵便局で1度確認されることをオススメします。

ホテルのフロントで両替してもらう

結婚式などの場合、ホテルのフロントで両替をお願いしてみましょう。かなりの高確率で変更してもらえます。また、結婚式場でも一定数用意していることが多いです。

不安な場合は、電話で問い合わせて「新札はありますか?」と聞いてみましょう。たいていの場合は快く両替してくれますよ。

コンビニATMを使う

上記の方法だとどうしても新札が用意できないという場合は、コンビニのATMを活用する手もあります。

コンビニのATMは大量にお札を詰めるためになるべくきれいなお札を用意するというルールになっているため、新札が入っている可能性があります。

手数料がかかってしまいますが、やみくもにおろすとしたら、コンビニのATMを使うのがオススメです。

回収したお札を払い出しに使う循環式のATMは出る確率が低いです。あくまでもランダムなので、注意しましょう。

おわりに

いざというときのための新札を用意する方法を紹介してみました。

「まあお札ならなんでもいいや」で渡してしまってひんしゅくを買わないようにしっかりと覚えておきましょう!

Twitterで紹介!

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。