生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 田舎へ移住する時に押さえたい!近所付き合いのコツ

田舎へ移住する時に押さえたい!近所付き合いのコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は数年前、東京から長野県東部の田舎に移住しました。移動はもちろんいつも車で、車からは畑がたくさん見えます。

やはり都会と田舎とでは人づきあいの勝手は違いまして、ここではそのコツを紹介したいと思います。

田舎暮らしでの近所付き合いのコツ

ポイント1:自分から挨拶をする

多かれ少なかれ、地方の方は他所から来た人には閉鎖的な感じがします。ですので、まずは自分からすれ違った時は笑顔で挨拶しましょう。

何度か挨拶しているうちに、顔を覚えてもらえます。

ポイント2:「分からないこと」を積極的に尋ねる

田舎の中で分からないことはでると思います。そんな時は近所の方を頼りましょう。頼り頼られること、助け合うことを大切にしますので、喜んで教えてくれますし、それがきっかけで打ち解けることができます。

ポイント3:行事に参加する

田舎では行事の参加はとても重要です。できる限り地域の行事に参加しましょう。奉仕作業や地域の運動会など、様々な行事があります。

参加することで「この人は地域に面倒くさがらずに参加してるな」と思われ、慕ってくれるようになります。

近所付き合いの中での楽しみ

自分のことは全て自分でする、といった都会での生活とはガラリと変わりました。田舎では、人と人との距離がとても近く、農家さんからたくさんの野菜をおすそ分けしてもらったり、逆に自分ができることはなにか手伝ったりすることが普通になります。

注意点

田舎は繋がりの世界が狭いので、知り合いの知り合いが知り合い、なんてことはしょっちゅうあります。ですので、自分の行動は常に見られている意識でいます。

いい関係を築くことに時間はかかりますが、悪い情報は一気に広がりますので、浅はかな言動をしないよう気をつけましょう。

おわりに

空気もいいし、田舎への移住はとてもいいです。著者自身、移住して本当に良かったなあと思います。

皆さんも、田舎暮らしを楽しんでくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130628143653 51cd20f501da9

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る