生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. イタリア語文を速く読むトレーニングの方法

イタリア語文を速く読むトレーニングの方法

2013年06月27日作成

 views

イタリア語がビジネスで必要になってしまった・・・とか、もっとイタリア語を上達させたい・・・とか、本気でイタリア語に取り組もうとしている方はいませんか?

今回は、イタリア語文が、今よりもずっと速く読めるようになるためのトレーニング方法をご紹介いたします。

目次

筆者がイタリア語文の速読を学ぶ目的

筆者はイタリアに滞在していた時のことを、エッセイに書こうと、最近、思い立ちました。そのためのリサーチで、イタリア語の資料をいろいろと読むことになり、イタリア語を速く読めるように勉強しています。

必要なもの

それでは、速読に必要なものを挙げます。

  • イタリア語のテキスト (例 Qui Italia
  • 日本語に翻訳されているテキスト
  • ストップウォッチ

イタリア語のテキストだけでなく、日本語の翻訳版テキストも準備するのは、より効率的に学ぶためです。

もし、日本語版がない場合は、自分で翻訳するか、イタリア人に日本語に直してもらったり、参加しているイタリア語のクラスなどで扱って、意味のわかったテキストを用意してください。

一度理解したイタリア語テキストというところがポイントです。

速読のやり方

では、速読をやってみましょう。

STEP1:ストップウォッチをスタートさせてから、急いでテキストを読みはじめます。

STEP2:今日読むと決めたコラムの最後まで読み進めます。

STEP3:読み終わったら、そこでストップウォッチを止めます。

STEP4:何分何秒かかったか、書き留めておきます。

このときに重要なことは、読んでいる間、指や鉛筆などでテキストの文をなぞったりしないということです。自然な状態で読むことが大事です。

読んだ内容を忘れるか、忘れないかくらい日にちを置いて(1日~1週間)から、再び同じ条件で、テキストを読みましょう。そして、前回に比べてどれくらい速くなったか確認します。

これを何回か繰り返します。だんだん内容も頭に入って、速く読めるようになっていくのが実感できると思います。

同じ文を毎日速読するのに励むのもいいでしょう。毎日読めば、内容の大方を忘れずに読めますから、結果として、速く読めます。しかし、1週間以上、日にちを置いても、速く読めるようになることが、上達へのポイントです。筆者もいろいろと読む期間を変えて、速読に成功したことがありました。

もし、イタリア語の文がまったくわからない場合は、まず日本語の訳文を読んで、あらかじめ内容を理解してから、イタリア語のテキストを読むとよいでしょう。

1日にどれくらいのペースで行うべきか

毎日1回は、新しいイタリア語文のコラムを速読し、かつ、前に読んだコラムを復習で速読するようにすれば、かなり早く上達することができます。1回にテキスト1ページくらいと、自分のできるペースに合わせて行うことで、やる気が燃え尽きるのを防ぐことができると思います。

普段は時間を取るのが難しいということであれば、週に最低1回、休みの日などに、がんばって、イタリア語文をまとめて速読するようにしましょう。この場合、テキスト1ページから4ページくらいを目安にします。

おわりに

なお、この方法は、イタリア語だけでなく、他の言語にも応用できます。もし、ちがう言語も必要になったという場合は、また記事を読み直して、別の言語でも速読を試してみてくださいね。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130624151038 51c7e2de07f48

本記事は、2013年06月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る