生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「いつもありがとう」感謝の気持ちを込めて!家族とのバレンタインデーの過ごし方

「いつもありがとう」感謝の気持ちを込めて!家族とのバレンタインデーの過ごし方

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

バレンタインデーは、本命チョコ、義理チョコ、友チョコなど様々ですね。著者の家では「家族チョコ」で楽しみます。ここではそんな「家族チョコ」の楽しみ方をご紹介します。

楽しみ方のポイント

手作りのお菓子の種類・量

まず著者がチョコを家族5人分をあらかじめ作っておきます。

もう1種類、クッキーを作るのですが、これは生地だけを私が作ります。形を作るのは3人の子供たちです。それぞれ1人ずつ、みんなに内緒で家族に向けて形を作っていきます。「お父さんは車が好きだから、車の形」と言った感じです。それを焼いて袋につめていきます。

例えばお父さんに渡す分は、「3人の子供たちがそれぞれ作ったクッキー3枚と、私が作ったチョコ」を1つの袋にまとめて入れてプレゼントします。

長女の分は、「妹、弟がそれぞれお姉ちゃんのために作ったものと自分が作ったもの計3枚、そして著者の作ったチョコ」となります。

ラッピングのコツ

ラッピングはそんなに凝りませんが、100円ショップ等でで売っているかわいい袋に、丁寧につめていきます。

渡すタイミング

お父さんが帰ってきた時がプレゼントのタイミングです。3人で「お父さん、いつもありがとう、みんなで作ったよ、食べてね!」などと言って渡します。その時、子供たちみんなにも渡します。みんな兄弟が自分のために、どんなクッキーを作ってくれたのか、興味津々で袋を開けます。

会話で盛り上がる

ふざけて面白い形を作ったり、細かく芸術的に作ったり…性格が出るので、面白いです。その後は話が盛り上がります。

おわりに

もったいなくて、なかなか食べられないのが、難点ですが、とても楽しいひとときが過ごせます。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130625120541 51c9090589b2d

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る