生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. スキマ時間を活用!TOEICの単語帳を使ったビジネス英単語の学習法

スキマ時間を活用!TOEICの単語帳を使ったビジネス英単語の学習法

2013年06月25日作成

 views

英語の試験としてメジャーなTOEICは、元々ビジネスにおけるコミュニケーション能力を測るための試験なので、関連の単語帳はビジネスで使う英単語を幅広く覚えるのにもってこいです。

今回は、そんな市販の単語帳をフル活用して語彙力を強化する学習法をご紹介したいと思います。

目次

著者が英語を必要としている仕事の環境について

製造業の会社で事務をしているのですが、今後は海外にも自社製品を売り出していくために、週1回会社で英会話教室が開かれています。「今後英語がどんどん必要になるから」と口酸っぱく言われ、苦手意識のある著者は勉強に苦労しています。

学習に必要なもの

具体的な覚える手順

STEP1:本付属のCDをパソコンに取り込み、スマホと同期する

著者は、いつもiTunesを使用しています。他のものでもかまわないので、CDの音声を、スマホや音楽再生プレーヤーで外でも聞ける状態にして下さい。

STEP2:スマホで音声を聞く

著者が使用している本のCDでは、英単語が速いペースで読まれていくので、そのわずかな間隙に日本語訳を挟んでいくということを繰り返します。電車通勤なので他の乗客の迷惑にならないよう、イヤホンを使って声に出さず勉強します。

STEP3:本で確認する

日本語訳が思いつかなかった単語については、後で本を見て確認します。

実践してみての効果

この方法を実践して2週間ぐらいで、会社の英会話教室のネイティブ講師が話す内容の中で、理解できる単語やフレーズが増えました。

会社から推奨されてTOEICも受検していたのですが、この勉強を始めて3ヶ月後に受けた試験では80点ぐらい上がっていました。特に、リスニング部門に効果があると感じました。

1日にどれぐらいのペースでやるべきか

著者は、行きの通勤時間に集中的に行っているので、1日大体30分ぐらいです。でも、気分の乗らない時は無理をせず、音楽を聴くこともあります。好きな洋楽を聴くというのも、結構良い勉強になります。

おわりに

著者は英語が苦手で、「まず英単語を聞いて意味を理解できるようになる!」ということを目標にしているので、スペリングの学習などは後回しにしています。

一字一句間違わず綴りを覚えるより、対面のコミュニケーション能力をつけることを強化するよう会社からも言われているので、英単語力を強化して会話の理解力を向上させていきたいです。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130625104936 51c8f730ee841
  • 20130616192011 51bd915b5d051

本記事は、2013年06月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る